IHの基礎クラス


『もう今の状況に我慢ならない』

そんな事を自分の魂が伝えて来たらどう答えます?

先日のIHの基礎クラスをサンディエゴにて行ったときの事。

上の写真。

青い洋服を着ている彼女のこのエネルギーを感じてる様子が、

とっても美しくて何度もこの写真は見てしまいます。

そんな美しいエネルギーに溢れる時間。

すぐに満席になり、私自身も初めての教えだったけど沢山伝える事があって

とっても楽しみにしていたクラスでした。

全員キネシオロジーは初心者。

このクラスでは、筋肉反射テストの仕方だけではなく、

既にそれを使ってセッションを午後には行っていきます。

一つのセッションの中に

『ネガティブな感情』というのがあります。

これは、筋肉反射テストを使って自分が気付いていないけれども

ココロの奥底に眠っていた気付くべきネガティブな感情を見つけるという内容です。

ネガティブな感情の羅列したチャートがあり、その中から筋肉が反応をしていくものを選びます。

お互いにどんなバックグラウンドかも知らないもの同士がやる訳ですから、

本当に筋肉の反応に頼るしかありません。

一人の女性がマッサージテーブルに横たわって、セッションを受けていました。

出て来た言葉が『我慢ならない』という言葉。

その言葉を引いたプラクティショナー側の女の子が急に涙をし始めます。

すでに愛の空間にいる彼女です。何かを感じとって、泣けて来たようでした。

『我慢ならない』

テーブルの上に寝ている女性は、失恋をしたばかりの女性でした。

好きな男性が自分ではない他の女性が好きだと知った時、

どの女性でもココロが張り裂けそうになる事だと思います。

特に

その男性のために、その男性の役立つ様にずっと一生懸命に尽くして来たなら尚更。

そして、そんな彼から

『お前、オレの彼女になれると思ってたの』

そんな風に言われたなんて聞くと、どれだけココロが張り裂けそうに痛かった事か。

ただ、この経験が彼女を更に素晴らしい所に連れて行くものなのだとしたら?

ここで気付く事を彼女の魂が叫んでいるのだとしたら?

私は聞きました。

『その男性にとって、○○ちゃんは%の比率で愛されていたと思う?』

彼女は答えました。

『3%にもいっていなかったかもしれない』

『そっか。そんな風に自分を扱う人生、潜在意識が、魂が

我慢ならないって言っているんじゃないかな。』

そう言うと、

彼女の大粒の涙としゃくり声と止まらない嗚咽に、

ようやく彼女の魂がずっとずっと我慢していた事を本人に気付いてもらって解放されている感じが伝わって来ました。

きっと彼女はこれから、

ドンドンと自分をもっと大切にする世界へと突入していく感じでした。

そんな彼女からのメッセージです。

いず美さん

お会いできたこと、

クラスに参加させて頂いたこと、

本当に嬉しかったです。

ありがとうございました️

あの日以降、感情解放がとまらず、

「自分は出来ない」と思うことに我慢ならなくなっています。

= 「私には価値がある」