マヤの精霊の使い


カラダがほぼ元に戻るのに2週間かかりました。

あんなに重く感じていたマッサージテーブルも楽々と二階のスタジオに運べちゃう。

あんなにしんどかったYamuna ® のテーブルトリートメントも

全く問題なくクライアントさんを見れちゃう。

ただ、それでもまだ昼寝をしたい感覚があり、

外に向かうエネルギーの象徴たるブログの文章も歯切れが悪く、お蔵入りばかりで

なんだかかったるい感覚が残る気がするこのごろ。

という事で、

子宮の中がどうなっているのかを知りたくて、ドクターの所に行きました。

超音波で見てもらう為です。

看護師さんに

『あなた、赤ちゃんの手放しも済んで、痛みもなくなって、ナニしにきたの?』

と言われる程、見た目的には普通の状態。

ただ、やっぱり見たいじゃない、子宮の状態を。

するとDr.が『まだ子宮内に内膜が残っているね』と言いました。

ふむふむ。

『愛おしいぜ、お前。』と心の中で言いながら、画面に映る子宮に目線ビーム。

その映像を見せてもらい、血液検査をしました。

すると妊娠ホルモンがまだ41あるとのこと。

妊娠の陽性反応が出てくるのは25から。

と言う事はまだ私の中に妊娠ホルモンがあるのか。。。。と。

プロゲステロンが強いから、まだまだ私の意識は「内」に向かう意識なのだな。

「外」へ意識が向かうのはもうすぐだから、もう少し内と向き合ってみよう。

そう思っていると、看護師さんが

『あと2週間たったら、妊娠検査薬をやって下さい』

と伝えにきました。

やっぱり、私の感覚は正しいのだわ。

赤ちゃんは去った、痛みはなくなった。それでもカラダがかったるいのは

ナマケモノでもなんでもないのだ。

そして、私たちのカラダは、こんなにもゆっくりと時間をかけてホルモンを

元に戻していくのか、、、、と言うカラダの叡智にも感動。

という事で、カラダをケアしようっと、いつものマッサージの方に予約をしました。

『カレン、カラダがね、小さな出産を経験した感じなの。

 出産後の妊婦さんて私の何倍もきっとカラダを使うんだろうけど

 こんな小さな出産疑似体験でもやっぱりカラダがなんだか自分の感じがしないのよ』

そう伝えていくと、普段はお腹のマッサージをしない彼女が

マヤ文明マッサージの様な手つきでお腹を触っていきました。

うとうとしながら、カラダが真ん中に軸を戻していく感覚。

ああああ〜こんな風に自分のカラダをバラバラに拡げてでも、

外へ出そうとしていたのか。。。。。

そんな風にぼんやりと感じながら

(それにしても、こういうギリギリの状態で毎回マヤ文明マッサージの様な

マッサージをされるとは、マヤの精霊め、誰かを送って来ているな。)

と、そのバラバラになったカラダを元に戻していく行程を全身で感じました。

『絶対に将来、出産が終わったら、すぐにマッサージを予約しよう』

そう帰り道に固く胸に誓いました。

そして、妊婦さんがカラダを出産に向けてケアする事。

そして、出産を終えた女性がカラダのケアをするマッサージを受ける事。

この二つはマストだわ。

私も、出産を終えた女性のカラダのケアをしていこうとココロに決めました。

モノクロから虹色へ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”