韃靼茶

January 26, 2017

 

日本の講習会で総勢180名の女性と出会いました。

 

その他にこの間のサンディエゴでの講習会に参加してくれた生徒さんも

私の行った講習会に会いに来てくれました。

 

何が嬉しいって、

やっぱり講習会に参加する前の状態、もしくは講習会での1〜2日目の重くて思い詰めていた状態を鮮明に覚えているから、講習会が終わって1ヶ月した彼女達の姿を見ると、

なんとまあ、愛がふんだんに溢れる光の状態にいるのかしら?!と

改めてマチルダの元、14日間のコースの凄さを感じてしまう。

 

 

カオを整形したわけでもなんでもないけど

表情がとにかく明るいのだ。

 

一人は声のトーンまでもが変化した。

あんなに失敗する妄想に怯えていた彼女が、『もう、大丈夫、いず美ちゃん』と言う姿は

本当にほれぼれする。

 

 

このサンディエゴの講習会が終わって生徒さん達から良く聞く言葉は

 

『私は,何があっても大丈夫』

 

と言う言葉な気がする。

 

 

 

よく講習会でありがちな講習会中はモチベーションがあがったけど

終わって少し経つともとに戻ってしまうと言う傾向。

 

それが、ない。

 

潜在意識を毎日凄いスピードで、エレガントに変化させ、

自分でもインテグレーティッドヒーリングのセッションが出来るからメンテナンスもしやすいし、

何よりも、マチルダの元で14日間学んだ仲間がいる事が魂のアライメントを整えているんだろうと。

 

 

一人が愛の場所にいたら、そこに引っ張られて行くのだと私は信じている。

 

しかも、8人と少人数制で行ったこともあり

マチルダのコーチングが一人一人に14日間あったと言っても過言ではないのだと思う。

 

 

今回子宮のクラスに参加してくれた女性で

サンディエゴでは『でも。。。。。』が口癖の彼女。

 

 

途中で、マチルダのインテグレーティッドヒーリングによる猛烈なセッションがあり

彼女は身体中からびっしょりの汗をかいていた。

 

隣りで通訳をしていた私にも

彼女の『でも』の黒い重い雲が一気に晴れ上がって行くのを感じた程だ。

 

こんなに潜在意識にプログラミングされていたのだから、まあ、仕方が無いけど

『もうそれはワークしたのだから、ここからはあなたの選択よ』

 

そう言われた彼女の一ヶ月後は、私の子宮のクラス中、教壇からみて愛の光に包まれていた。

 

最後の日に愛を交換すると言う事を子宮のクラスではするが、

愛の交換が出来ない生徒さんが彼女と交換をした時に『分かった気がします』と言う程。

 

 

 

自分の中の光を輝かせる事が出来ている彼女が私にはとても誇らしくて、嬉しくて仕方が無かった。

 

 

マチルダを14日間独占出来るって、サンディエゴの日本語通訳のクラスをやって本当に良かったと

感じた瞬間を生徒さん達に会う度に感じた日本帰国。

 

 

 

写真の左のみかちゃんから、韃靼茶をいただいた。

 

とてもパワフルな彼女。愛がわからないといって涙をしていた彼女。

彼女の変貌ぶりも凄かった。

講習会の終わりの方で、ショッピングに行った時、

彼女自身でいることで、自然と愛を振りまいて、

数百ドルのものを100ドル以下の値段にするわって言ってもらうほど。

 

サンディエゴに戻って来て、彼女の韃靼茶を飲む度に

みんなのカオを思い出す。

 

 

本当に準備も手配も体力的にも大変だったけど、やって良かったって思う講習会だった。

そして2017年も是非ともマチルダからのみっちりエネルギーで生徒さん達が変容する機会を作りたいと思っています。

 

今回、8〜10名のみの少人数で行おうかと思います。

まだ、詳細は決まっていませんがすでに2名の方が申し込みがありました。

 

ピンと来た方、マチルダのもとで”愛”を学びたい方、人生を変えたい方、

是非ご連絡を下さい。

詳細が決まりましたら、ご連絡を致します。

integratedhealinginla@gmail.com まで

 

 

モノクロから虹色へ

 

 

追記:

右のゆきこちゃんは、長くなるので今度書きます。

彼女のあまのじゃく子の変貌ぶりに私は脱帽でしたから。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

Surrender and Trust

May 5, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts

September 7, 2020

July 5, 2020

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags