愛が染み出るってね


2日目も無事に終わりました。

あちらこちらで涙が出て、プロセスがあって、そして、笑いもあった。

マチルダがいると、ふと人のガードしている壁が溶ける感じがある。

こんな風にクラス作りが出来るって、凄いなあって。

そんな風に眺めていた二日目。

じつは昨日

マチルダの泊まっている家でガス漏れがあった。

それを直す為に、オーナーに連絡をして、

オーナーの知り合いと連絡をして直してもらおうと必死な私。

その上、コースがうまく行く様に、マチルダには休んでもらいたい気持ちが高まり、

オーガナイザーとしての責任感みたいなのもあったりして、

オーナーの知り合いに一刻も早く来てもらいたくて仕方が無い私。

電話をすると、その知り合いが出て

『今仕事場を出た所だから、8時過ぎになる』って。

マチルダが8時過ぎから家でセッションが入っているからその前に終えたいと言う。

私:『その前に来てくれる事って可能かしら?』

相手の男性『いや、無理。』

私:『じゃあ、明日は?』

相手の男性:『明日はミーティングが入っているから無理』

(え、っと、どうにかしてよおおおおお)とココロで地団駄を踏む。

相手の男性『えっと今から説明するから。。。』と言われ始めて、

ちょっとまった〜!と

電話をマチルダに渡す。

はい、5分後マチルダが戻って来て

にっこりと

マチルダ:『1時間後に彼、来てくれるって』

はぁ?!

なになに、なに???

私:『ちょっと待って。さっきまで無理って連呼していたんですけど』

口をとんがらせて言う。

マチルダ:『でも、1時間後に来てくれるって』

私:『。。。。。』

納得がいかん。

これは、差別だ!差別!

私だって御願いしたもん。

なんで私のは断って、マチルダは1時間で来るよとか言っちゃうわけ?

相手の男性、すごい頑固に行きたくないって感じバリバリに出していましたけど?!

なんなん?

戸惑いと、なんでよーっていう気持ちで一杯。

『どんなトリックを使ったわけ?』って聞くと

『なにも〜単純に愛を伝えただけよ』

『愛?』

『ちょっと待って、そんなので私は騙されないもん。なって言ったの?

 言え、こら』

と聞くけど

『愛よ、愛。

 私のカラダから愛が染み出てそれを感じたら、こういう結果になったのよ』

納得がいかん。

鼻息荒く、マチルダと一緒に家に向かう為に車に乗り込む。

ひつこく、『言え、こら』と言う。

『だから愛だってば。テクニックじゃないのよ』と答える彼女。

ふむ。。。。

黙って、ちょっと拗ねながら、なんだろう??って考え込むと

隣りから

『いず美、あなたはもう愛が染み出るのを知っているし体験しているわ。

 ただ、今回たまたま忘れただけよ。

 人は、自分がまず愛を与えたら、その愛に答えたいって思うの。

 でも、これをやってって言われたら、やらない理由を探し始めるわ』