強い女性に


Facebookでもテレビでも連日、Trump氏についての話題が満載。

彼の11年前のバスの中での会話が公になり、彼の行動をレイプだという批判もある。

このバスの中で、

『女は、自分の言いなりになる。家具を買ってあげたら、

 目の色を変えておっぱいをむき出しにしてきたんだ。』

みたいな内容を彼が言っていたと。

私が学んできた事の1つに

『もしも女性でありたければ、お金の事は男性に任せなさい。頼りなさい』とある。

そのセラピストがいうには、男性は女性を喜ばせたくてお金を稼ぎ、喜ばせたくて一生懸命に働くのだから、女性がお金を稼ぎ男性の手は借りませんとなると、男性の本来の与える喜びと言うのを奪ってしまうのだと。

なるほどと思う。

私の父も母もそのエネルギーで53年の結婚記念日をこの間迎えたばかりだ。

私自身も稼ぎ頭でバリバリと稼いでいた頃から、

ギアをガラリとチェンジして

旦那さんにお願いをして今は悠々自適な自分の好きな事に時間を没頭出来る毎日を送れている。

ただ、ふと、たまに、Trump氏の発言でこの考えの男性にお金を任せるは

1つ間違えると危険な香りがプンプンする。

そして、今回のトランプ氏の発言。

そう、お金を稼いでいるオレはエラいんだ。金さえ持っていれば女はオレの言いなりだ。

あいつのおまんたは、オレのお金でどうとでも操れる安いものだ。

他にも『オレが食わせてやってんだ』っていう男性もいる。

そう考えるトランプや男性。これを男尊女卑と呼ぶのだと思う。

それに対して、平塚らいてうさんが立ち上がり、

そんなにえらいッて言うんだったら私たち女性だってお金を作れる事を見せてやろうじゃないの!って同じ土俵に立つ様に努力した。

そして、女性がお金を持つ様になり、自分で作れる様になり、

男性が金を持っているから女性が性を売らなければイケナイという時代ではなくなった。

だから、今の時代がある。

女性も賢明で、能力があって、頑張れば男性と同じ様に仕事ができる事も証明して来た。

さて、ここから本当の意味でのエネルギーの循環をさせる為に、昔の男尊女卑に戻らない為に

なんのエッセンスを思いだす必要があるのだろうか。

このトランプ氏の何が、女性として侮辱された気になるのだろうか。

『愛』だよね。愛がないんだ。他の言葉でいうと相手に対しての尊重がない。

男尊女尊になる為に、きっと今私たちは、自分を愛する事を学んでいるんだと思う。

そして、自分を愛する事を学んで自分を尊重出来たら、

今までは言いなりだったけど、自分が嫌な事を『NO』と言って伝えられるようになる。

ある地域で講習会をした時、

「私が馬鹿なフリをしていたら全てが上手く納まるんです」

と言った女性がいて、私は思わず唇を噛み締めてしまった。

馬鹿なフリをしていたらいい。

絶対に違う。絶対に違うじゃん。馬鹿じゃないじゃん。

肚の底からグルグル来る感情とともに

もっともっと彼女の内側にある聡明さに私は気付いていたから

彼女のカラダを揺さぶって

子宮とつながる呼吸法を何度も繰り返しさせた。

『自分の事を馬鹿なんて言わせない!だって真実じゃないもん』

そう彼女に言った。

泣きながら、呼吸をしてつながろうとしていた彼女。

彼女の芯を戻すのにかなり時間がかかったのを覚えている。

でも、芯を取戻した彼女は

やっぱり思っていた通りとても美しさと可愛らしさの両方を兼ね備えた愛らしい女性だった。

自己愛が無いと卑下が始まる。

エネルギーを循環する為に、両方に愛があった状態を作りたい。

だから、今、自己愛を学ぶ時期に来ている。

そして、相手と愛をグルグル循環させて、男性の持つ筋肉量で働いてもらって

女性の持つマルチなタスクを出来る能力で色んな事を処理してって

お互いのいい所を尊重して行けるといいね。

男尊女尊=男子も女子もお互いの良さを尊重し合いながら協調出来る状態

本来のエネルギー循環をする為にも、

女性は男性と同じ土俵に立つ事で知らしめる時代ではなく、

自分を愛した上で、お互いの持ち味を引き出しながら愛を循環する時代にしていきたいよのぉ。

モノクロから虹色へ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”