Pain とSufferingの違い


トニーロビンズが言っていた。

自分が苦しんでいるのは、Pain なのかSufferingによってなのか?って。

たいていの私たちの苦しみは、Sufferingだって言ってた。

例えば私の場合だったら、

カオの皮膚が腫れていると言う状況がある。

痛みは24時間つきまとう。寝ている間もあるから、深い眠りに入りずらい。

これが痛み。

そこに、自分に対しての言葉が入るとSufferingになる。

『こんなブサイクな私。』『醜い私』『気持ち悪いカオ』

そんな自分への言葉が止まらなくなる。

そして、比べてみると、何に苦しんでいるかと言うと、この自分に対する言葉に苦しんでいる事が多い。

単純な痛みで苦しんでいるのではなく、そこにつきまとう自分への期待に苦しみが倍増するのだ。

ともすれば、この自分に対する期待が99%、自分を苦しめているかもしれない。

この自分に対する期待がくせ者だ。

この自分の期待に応えられずがっかりして、自分がダメな人間に感じてしまう。

カオが赤いながらも海沿いを歩いていた日。

全然楽しめなかった。カオが赤くてみにくいと思っているから楽しめない。

そうアンドリューに伝えた。

自分のダメ人間だという思い込みが加速中なので、

『こんな状態で人生楽しめない。生きる価値がない』とかほざいてしまう。

それぐらい苦悩に自分で追い込んでいた。

アンドリュは慰めるかわりにこんな事を言った。

『僕がさ、バーニングセンターにボランティアで働いていたの知っているよね?

 重度の火傷を負ってさ、カオが火傷の子が沢山いたよね。

 僕は、彼らと沢山遊ぶ時間が好きだったな〜楽しかったよ。

 彼らが大いにココロから楽しんでいるのを見て、治療の時間以外にも一緒に

 時間を過ごせれて最高だった。

 そう考えるとさ、今の君の発言はさ、

 彼らは火傷でカオが負傷した部分があるから、人生を楽しんではいけない。

 彼らには生きる価値がないって言っている様なものだよね。』

ガーン。

 本当だ。何を言っているんだろう、私は。

がーん、がーん、がーん。

 そして、また、そうだ、と言って、痛みがある中

勝手に頭の中で『じゃあ、今この時間を楽しむ私であって欲しいんだな、アンドリューは』

とどこまでも、何かの期待に応え、誰かの期待を頭で勝手に作り上げて答えようとしている自分に

気付き、はっとして苦笑した。

単純に、自分をせめて追いつめるSufferingをストップすればいいだけの話なのに、

アンドリューがこれを言ってくれたから、こんな風に行動をしなくちゃと、期待に応えようとする

この痛々しさ。

アホか。

いつでも、自分が苦しむときは

自分に対してなのか相手に対してなのか、何かしらの目に見えない架空の期待を作って

それに答えようと必死になっているときなのだと。

期待に応える事で、人とつながってきたから、

その過去の成功をいつまでも手放せない良い子の習性。

モノクロから虹色へ