もぐもぐまんの感想


先日のもぐもぐマンという題名でのSkypeセッションの方から

ご感想を頂きました。

もぐもぐマンのブログはこちら

なるほど、お母さんという立場になった時

自分のお子様や家族に対する思いから発祥した優しさが

こんな風に誤作動を起こしちゃう事ってあるんですね。

いつでもIHは、その人本来の軌跡に戻してくれるのだなあ〜と

読んでいて深くうなずいてしまいました。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、遠隔でIHを受ける事は初めてで不思議だったけど、否定的な感情は全くありませんでした。

そして、ゴールまでの道のりでびっくりした事は、脳が全く統合されていなかったこと!

笑うしかない!

それと、自己犠牲を美学としている節が多々あること。

お母さんという立場の人はよくあると思う。

子供のために、夫のために、環境作りは全部自分を抑制して、

踏ん張るのが当たり前で。

自己犠牲を払わないと非難されるんじゃないかという恐怖。

それで、私は「食」というキーワードが崩壊していたんだなぁ。

本当に最近毎日のご飯作りが苦痛で。

みんなの好きをつくるから、私はおいしくないし。

サラダも食べたいし、きんぴらも作りたい。

野菜の彩りが綺麗なものを少しずつ食べたい。

でも作っても家族はあんまり食べないし。

結局我慢してたら、味見するのさえも面倒で、皿洗いする度イライラし、朝ごはん食べてすぐに「今日のお昼は」なんて言われると「今作ってあげて食べたばかりでまた作る話?!」と。

もう、作ってあげて、の時点で人に奉仕している事がストレスなんだと。

作る事に喜びがない状態だったなぁと思いました。

そして、IH受けてから

私が部屋が綺麗がいいから掃除し

自分が好きな雑貨を飾りたいから片付けて

私は毎日自分の好きなものを作り

味付け変えられても自分の味は変わらずおいしく食べられて

本当に身体が楽になってきました。

身体の変化は

身体が軽い(食べ過ぎてないから)

頭の中がすっきりしている

たまに生えてくる男の人くらいの太い髭が1本あったのに消えてた

ここ数年、なぜかポッコリ出てたへそ左側の膨らみが消えてた

花粉症の症状が今の所出てない

(よく晴れた日がまだないからこれは調査中)

食事もおいしく感じるし、

夫に話したら「(たまにご飯を作ってくれる人なので) 俺は好きなものしか作ったりしてこなかったから、気づかなかったけど、毎日人に合わせて作るって大変だったよね。

ご飯を作るのが嫌だなんて思わなかった。好きなものを作る、それでいいよ。」

といわれました〜!

理解してもらえて本当に良かった!

いずみさん、急にお願いしたけれど本当にありがとうございましたー!

読みながら何度もうなずいちゃうけど、

オトコの人並みのヒゲが一本生えていたのが消えてた!

の部分は、ずこ!って笑っちゃう。

私も、そう。

ひとりでがむしゃらになって、奉仕精神丸出しの嫌みな態度になると、急にすね毛が生えて来る。

女性は Feeling Good があってからDoing Goodが続く生き物 。

アルファなオンナwebより

だから、Doing Goodをしようとすると、男性ホルモンでちゃうね。

なんて行っている間にもう一通の感想が。

このIH受けた内容をママであるクライアントさんで、

私みたいに自己犠牲を美徳にしやすい方がいてね、お話ししたの。

そしたら、もう、わかるわかる!って。

ご飯なんか、家族の食欲満たすために作っててるよねって。

自分が何食べたいとか、何が美味しいが麻痺して、

なぜか疲れたご褒美にスイーツに走るけど、

そもそもスイーツがそんなに食べたいかも謎だよねって!笑

あと、もう一つ感想で、ブログに書いてあったように、

いずみさんに「○○ちゃんの魂が可哀想だよ」って言われて泣きそうだったんだけど…。

それ聞いて、今まで自分を抑制しすぎてきたから、

自分の魂を大切にしてあげたいと思ったんです。

その癖我慢が越えると、家族に怒ったりスイーツに走ったり、、してたんですけど、それって家族にもいいこと一個もなかった。

だから、家族にご飯や飲み物出す時も、私はこれ飲みたいけどどう?って聞いたりしてます。

そうすると、

「これ飲みたかったけど、違うの言われて面倒だから自分もこれでいいや」

なんて諦めがなくなり、

小さなことだけど心がザワザワしないんです。

だから、よく日本で

「おかえりなさい、あなた、ご飯にします?お風呂にします?」

なんて出迎えるのが当たり前で、女は一歩下がり相手に合わせるのが美しい、みたいなやつ。

あれは、「おかえりなさい。今からご飯を食べるけど、お風呂も準備してあるから、どちらでもどうぞ♪」と言ってあげられたら、私はストレスがない!

相手の喜ぶも私にとっては喜びだけど、

相手の行動に「本当はこうして欲しかった」という想いはストレスだから。

色んな嬉しい楽しいを用意したりもわくわくしちゃう。

そんな生活にスタートしていきたいと思いますー!

一人の女性が気付いて癒されたら

きっとその周りにいる女性も癒されていく。

それが女性ホルモン代表の『エストロゲン』の持っている人と共有する本質だから。

私は彼女が癒されて、きっと自分の仕事でもこの癒しをシェアして

素敵なコミュニティを創るんだろうなと。

ただ、彼女の様に

『お風呂もお食事も用意してあるからどちらでもどうぞ』

なんて、私のキャパには、にゃい!

うちでは、旦那さんが帰宅すると

『ご飯作ったけど、食べる?』と聞くと

『シャワー浴びてからにする』

『ほい、どうぞ』

ってな感じ。

前だったら、○○ちゃんみたいに両方用意出来るのが良い妻かも。。。。なんて思っちゃっていたかな。

で、頼まれもしないのに両方やっていたかも。

ほいで、あなたの事をここまで思ってやっているのに、コンピュータに座ってネットサーフィンしやがって!!って激怒なんて

おちになりそう。

○○ちゃんのやり方と私のやり方は違っていていい。

両方とも、そこにおける登場人物が笑っていれば、

オッケーだから。

そんな事をリマインドさせてくれる彼女のセッションでした。

モノクロから虹色へ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”