シャーマンの言葉『笑い=愛』


子宮のクラスを教えると、いつもエラそうな自分に遭遇する。

『リクエストをする』というのが子宮のテーマ。

感情までは辿り着いても、

自分が何をリクエストしたいのかが見えてこない。

という人が多い中

私だって偉そうにリクエストをしているけど、

全然自分だって出来ない時一杯有る。

愛を持って答えましょうって言う。

愛ってなんじゃ、こら?!ってずっと思ってた。

でも、このリクエストにヒントが隠されているのかもしれないと。

いつも愛というのものについて考えたときがあった。

まず、愛を語る人を思い出すと

うさん臭い人たちの顔や、

達観して何でも知っているわって言う顔や、

偉そうにしている顔や言葉が出て来る。

何様じゃ?!って思う。

あんたが何を知ってんの?って思う。

そんな意地悪なズーミーが出てくる。

え?なになに?

喧嘩しない?怒った事がない?

それは、良かったね~

でも、私の場合は、ぶつかるんだもん。

だから、

あなたがマリア様の様な顔で何を言ったって聞こえてこないもん。

って愛を語る人たちに思ってた。

事実、

昨日もせっかく美味しい鍋を作って、それを食べた後

そのままソファで寝たアンドリュー

目が覚めたかと思ったら、

『鍋を食べてこんなに眠くなるなんて、

なんか自分の体に合っていない物が入っていたに違いない!』

とか言いやがる。

てめー!!!って思って、

『あのさ~私、それを聞くと凄くショック。

だって、

夕ご飯、あなたの為に一生懸命考えてお買い物に行って作ったんだもの。

だから、文句にしか聞こえないし、

全然共感してあげれない!!!!』

って伝えて憤慨。

認めてよって言うちびズーミーが

地団駄を踏み始めたのを感じる。

昔のしおらしさを演出していた私は

『私が悪かったわ』なんて言ってたけど、言ってやるもんか。

私は悔しい