ひまし油と子宮クレンジング

昔に書いた記事についてのお問い合わせが沢山あり

結構この記事の評判が良いので、掲載しまーす。

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の内容を書くべきかどうか、かなり迷ったんですけど、

最近本当にマヤ文明腹部マッサージのクライアントさんが増えてきて、

改めて自分も含めて、『第二の脳』は重要であると言う事を感じるので、書く事にしました。

結構グロテスクなので、食事中の方は読まない方が良いかと思います。

私のウジウジと書いた皮膚の歴史を読んでくださった方々はお分かりの様に、

食生活を変えて私の皮膚は一変したんですね。

3年前の食事の変更以来、

小麦粉製品からも遠ざかり乳製品からも遠ざかりもう小腸が元気になっても良いでしょう。。。。

って言う感じなんですけど、なかなかどうしてやっぱりアレルギーは出ますし、痒くなります。

そんな時に、アーユルベーダの学校で『Oleation =オイル療法』を学びました。

オイルを飲めって言うやつです。

アビヤンガと言って身体にオイルを塗布する事も重要ですと習いました。

マヤ文明腹部マッサージで、ひまし油の効能を知っていたので

ひまし油をお腹に塗布してヒーティングパットをおいて30分間温めてオイルがお腹に浸透して行く事もかなり長い間行っていました。

でも、イマイチ私には、『これは!』という結果が出なかったのです。

アビヤンガをしても、風呂の浴槽がドロドロと汚くなる以外は、

これと言ってからだが潤うわけでもなくという状況でした。

そこで、首ががさがさの私を見て、

Drスハスが『おまえ、俺の一番初めのクラスで全員に言ったオイル療法、やってないだろう??』と。

そのオイル療法と言うのが『ひまし油を飲め』と言うもの。

ひまし油をもうその時には身体に塗布する事でかなり使って来ましたから、ひまし油がどんな物か私は知っています。

『おえ~』ってなる油です。すごく濃くてベトベトして、再度おえーってなるオイルです。

塗布する分には臭くはありません。ただ、飲むとなるとおえーってなるんです。(ひつこい?)

『絶対にお前の体質はやるべきだ』と言われました。

これだけアーユルベーダを習っても、まだ身体が万全ではないのだからやるか。。。と思って、

アーユルベーダのコンファレンスで買ったオーガニックの祈りの沢山詰まったオイルを飲む事に。

私の腸は本当に正直で少しでも、私の体に合わない物を食べると便秘になります。

また、ちょっとでもストレスがあると腸が微動だにしなくなります。

しかし、このひまし油を飲み始めてその日の午後にびっくりするほどの健康的な排便がありました。

教科書通りの排便種類です。(ほらね、食事中は読まない方が良いですよて言ったでしょ?)

オイル療法(少なくとも私がアーユルベーダの学校で習った物)は、

一日ごとにオイルの量を増やして行きます。

まず一日目はテーブルスプーン1杯。

本当にどろっとして、おえーってなるんです。

急いでお湯で流し込んで、あちちちちち!ってなって。

でもスムーズな排便があるんです。

教科書には7日目まで徐々に増やして行って、8日目から徐々に減らして行き

14日で終わるというのが例に挙げられています。

でもアーユルベーダのDRは『だいたい自分がもう要らないときは分かる』と言います。

『出たよ!代替医療のぼんやり感』と思って聞いていたのですが、

DRスハスは、『本当だってば』って言います。

ま、やってみるか。

そして、3日目、テーブルスプーン3杯?無理無理無理無理。。。

重いし、臭いし、おえーってなるし。

と言う事で私は7日目位まで1~2杯とその日の気分で決めていました。

食道を通るドロッとした感覚は本当におえーってなります。匂いも独特だし。

そして、7日目が終わり、8日目の朝目覚めて、さあオイルを飲むかって台所に立ったんですけど、

飲みたくないんですよね。

もう充分と言うか、本当にもういいかな~って。

でも教科書には14日続けるべきらしいし、私、ちゃんと量を7杯も飲んでいないし。。。という、

罪悪感から飲んだんです。

それが悲劇の始まり。

やっぱり身体は知っていました。どれだけ飲む事が適当なのかを。。。。

飲んだすぐ後に、お腹が猛烈に痛くて、トイレに駆け込みます。

今まではスムーズな排便だったのに、あれ???って思って。しかも何も出てこない。

つまりこれが下痢と言うやつだと思いました。

私の今まで経験した下痢と言うのは、

いわゆるシャーって出てしまうやつで、出きったら終わり!ってと言う物でした。

でも、この時ばかりは、今まで感じた下痢とは全く違うタイプ。

肛門ゆるゆるタイプです。

おかしい。。。

くしゃみをしたら、チビって出る!

咳をしたらチビって出る!

面白くて笑ったらチビって出る!

深呼吸で息を吸って吐こうとしたらチビって出る!

もう、何にも出来なくて息を潜めていなければイケナイ状態。

お~い、今日が日曜日で良かった。。。。。と胸をなで下ろしながらも、

『あああああ。。。。』とトイレに駆け込む。

でも、チビって初めてでた瞬間のショックな事。

こんな事今まで一度も無かったのに。

自分がおばあちゃんになった気がして、これほどの羞恥心をかいた覚えはありません。

沢山、パンティー捨てました。

DRスハス、あなたは正しかった。私の直感はいつ止める時かを知っていた。

でも、私が情報に振り回されて直感よりも頭の中で考えた罪悪感と言う名の下に飲んでしまったが最後でした。

『代替え療法の曖昧な答えと言ってすみませんでした』と便座に座りながら、ひたすら謝る私。

何も出る物が無いのに、きゅるきゅると締め付ける痛み。

『ああ、笑わせないで、出ちゃうから』と言わなければイケナイ私。

そんな一日が終わり、ひまし油を棚の奥底にしまいました。

そして、もっと大きな変化はその3日後に起きました!!!!

いきなり生理になった感覚がありました。

あれ??1週間位早いはずだぞって思ってトイレに駆け込むと、

今まで見た事が無い様な、どす黒い血が出ていました。

あれ?あれ?あれ???

そして、それが1週間位続きました。明らかに生理と同じ感覚なのに出る血は汚い血。

ここで、医者に行く事も考えましたが、

マヤ文明腹部マッサージで『鮮血は気をつけるべき血。汚い黒い血は身体の外に排除されるべき血』

と言う事を学んでいました。

また、子宮には身体の中で外に出来れなかった老廃物(ごみ)がたまりやすく、

それにより生理が重くなる事がある。

そして、子宮がゴミで一杯になると脳との神経伝達が上手く行かなくなり、

黄体ホルモンが出過ぎたり、少なすぎたりするのでPMSが起こったり、

生理不順が起こったりすると。

その内の一つに『おっぱいが張る』と言うのがあります。私はこのケースでした。

もう生理一週間前になるとおっぱいが通常の2杯位に膨れ上がり、

走ると痛い、触ると痛いという「思春期か?」って思う感じでした。

マヤ文明腹部マッサージで『私おっぱいが張るんですけど』って言うと

『普通は張りません』と言われてショックでした。

もしもこれらが子宮が沢山ゴミで一杯になっているのが理由なのだとしたら、

この汚い血は出るべきなのではないか?と思ったのです。

1週間したらその汚い血が出るのが終わり、そしてその2週間後に通常の生理が来ました。

つまりその汚血が出たのが排卵前と言う事になります。

ビックリしたのが、その時の生理前に私のおっぱいが初めて全く張らなかったのです。

そして、次の月の排卵前にもまた汚血が出始めました。

この時には全くキャスターオイル(ひまし油)を飲んでなかったので、

え??ッてちょっとビックリしました。

でもお医者さんに行きませんでした。

と言うのも、ビックリする位皮膚が綺麗になって来たからです。

カサカサと赤味があった部分が、しっとりとして来ました。

そして、黒い血は、ドロドロと出ました。

普通のおりもの用のナプキンでは足りない程。

私の皮膚の発祥の大きなきっかけは、失恋によるものだと言う事が分かっていましたから、

その時に沢山のショックを子宮に溜め込んだのかもしれません。

そして、また黒い血の排泄が1週間位続いて、2週間後に生理が来ました。

3ヶ月目に、また排卵前に1週間、黒い血が出始めました。

いよいよ私の体はおかしいのかもしれない。。。と思い始めましたが、

それでも私の皮膚が今度は光沢を持って輝き始めたのです。

DRスハスにどういうことでしょう?って言ったら、

『ターメリックを飲みなさい』と言われたんですけど、血は止まる事無く出続けました。

でも、止めども無く汚い物がはがれ落ちていると言う感覚でした。

そしてまた2週間後に生理が始まりました。その時には、なにこれ???っていうゼラチン質の物も出て来ました。

小さい細胞群の塊と言うか、とにかく変な物でした。

そして4ヶ月目からは全く出ませんでした。

そしてそれ以降一度だけまたひまし油を飲んでみましたが、

今度は一日目から下痢になってしまいましたので、7日間も飲むと言う事はなくなりました。

ひまし油は、冷えると言う特徴があります。

きっと子宮が沢山の熱で一杯で、血がその熱により黒く固まってこびりついたのだと思います。

それをひまし油の冷えると言う成分によって、

熱せられた鉄板についたおこげが洗剤でとれて行く様な感じで起こったんだと思います。

それ以降、私の皮膚は落ちついていました。

そして、生理前の不快な胸の張りも無くなりました。

それが実は去年の夏の事です。

そして、キネシオロジに出会い、心の内面を解放したあと11月にまた皮膚が勃発しました。

色々な試行錯誤のあと、4月頃アーユルベーダ占星術のヤトリカに会いました。

彼女に、『ひまし油やりなさい』と言われたのですが、

『え~もうオエーってなるから多分私の体が求めていないんだと思う』と言うと

『ひまし油はおえーってなるものなの。しょうがないから色々な物で薄めて飲む様に言われるでしょ、やりなさい』と言われ

渋々5月にNYから帰って来てから、飲む事に。

そして、またもや汚い血が出始めました。

去年より酷いわけではないものの、きっとこの1年で私の体がまた何かを溜め込んだ様に思われます。

子宮も小腸も神経と密接な関係があって、

感情にものすごく敏感に反応する臓器であった事は知っていたけど、

こんな風に私の体に顕著に現れるのが分かると、本当に私の子宮と小腸さん、愛おしいです。

そして、驚くべき事に、ひまし油ってねっとりしているからあまり減らないと言う事もあって、

身体に塗る用のオイルにしました。

ソケイ部や脇の辺りの皮膚が痒くて黒ずんでいて、

こんなん裸をいざと言う時に見せられん。。。。と鏡の前で泣きじゃくっていたんですけど、

このひまし油に少しアロマオイルを足して塗ったところ、見る見るうちに傷口が閉じて来て、

カユミが無くなりました。

そして、沢山調べて、自分の経験を通じて分かったのは、

ひまし油は

1)小腸と大腸の壁を綺麗にクレンジングする

2)子宮の内部の汚れを綺麗にクレンジングして、内膜を綺麗にする

3)リンパをクレンジングするので、リンパが詰まっているところに塗布すると良い

4)怪我で出来た傷ついた細胞を修復するので怪我の部分に塗布して温めると良い。

5)毒素を排除する。

6)便秘の解消

という効能がある事が分かりました。

それを母親に言うと、

『そうね~私が小さい時には便秘したら必ずひまし油を飲まされたわよ。

家庭用医療薬って感じでね。でも燃料が足りないって言って、戦時中は没収されてね。

でも各家庭でその効能が良いから隠し持っていたのよ』と。

ひまし油で飛ぶってどんな飛行機?!

とにかくクライアントを通して今まではひまし油の効能は凄い!って思っていましたが、

それは全て外側に塗布の場合でした。

でも今回飲用してみて、私の体での変化を通じて、

これほどまでに優秀なオイルだとは思っていませんでした。

私は、ひまし油を生理が完全に終わって3日間してから(つまり生理始まりから10日目位)

飲む様にしています。

身体に負担がかかりにくい事と

その時期がいつもやらない事やクレンジングをするのに充分な体力である時期だからです。

ひまし油の常用や飲み過ぎは絶対に良くありません。

1びん買うだけで1年間位持つと思います。

普通の薬局で売っている便秘薬として気軽に飲んで常用する事だけは止めてくださいね。

摂り過ぎは身体にとって毒になるとも書かれていますから。

また、絶対にオーガニックの物を選んで飲む方が身体にとって安全で良いと思います。

それを考慮の上、試したい方は試してみてください。

あくまでも、自己責任の下になってしまいますが。。。

そして、もし試してみた方は、メイルを下さ~い

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”