3歳児への性教育


(*学校の一コマ。ミツバチについて、学んでいる)


サンディエゴのいろんな外の公園なり海なりハイキングなりと

毎週違う場所が学校となる。


「自然」を教育に取り入れると言う意識のもと、

元小学校教師の女性がこの学校を作ったと聞いた。


毎日、長女は元気よく学校に行っている。

そして、毎日、何かしらのアートを持って帰ってくる。

それが粘土の時もあれば、拾った枝を組み合わせたものの時もある。


そして、毎日先生達が写真と共に学校でその日に行ったことを

シェアしてくれる。

携帯のグループチャットにそれが送られてくるのだ。


それを各家庭の親が見ている仕組み。


だから、学校に娘をおろしに行くと、

知らない母親が「ああ!おはよう!」とうちの娘の名前を読んで挨拶をしてくれる。


娘が学校に入った時には、大きなお姉さん達(4歳から7歳)が

娘のところにきて、自分の名前を教えてくれた。


本当はこの学校は4歳からと言うことだが、

うちは3歳で入れてもらった。

だから毎日、いろんな年齢の年上のお姉さんお兄さんから学んで帰ってくる。


私が教えないであろう歌や絵本の内容を家で歌ったり話すのを聞くと

社会に出るとは大切なことだなあとしみじみ感じる。


そんな毎日のこと、

いつものように、ポランと携帯の音が鳴った。

子供達が騒いでいる間にサラッと写真を見る。


え?

え?え?

え?え?ええー???


指で拡大をしてみた。


そこにはうちの娘が5歳ぐらいの男の子に抱きしめられている写真だった。


心がざわついた。

まあ、一瞬そんな時があったのかもしれない。


そう思って次の写真に行くと、また二人が抱き合っている写真がある。


ふむ。。。。


これ、アンドリュー見て、平常心でいられるかしら?


アンドリューに言うと、

「親同士の話し合いが必要だ。すぐに相手方に連絡をしよう」

と冗談まじりに言っていた。


二人の間で、まあ様子を見るかと言う話で落ち着いた。


翌日担任の先生に、

「えっと、昨日、写真を見たんですけど、、、何があったんでしょうヵ?」

と聞くと


「あああーとっても可愛いわよねー」との答え。


「あの男の子、とってもおたくの娘さんをNurturing してて」

と言う。


Nurturingねえ。。。。



そして、

「えっと、まさかと思うんですけど、二人で草むらの裏に隠れて行かないように見張っておいてください。」


と冗談まじりに伝えた。



そして、今週。

迎えに行くと、子供達の群れの中にうちの娘がいない。

あれ?どこだ?と公園の隅から隅までみた。


そうすると、荷物を置いてあるテーブルの裏に見覚えのある長靴が動いていた。

あそこで寝ている??


そう思い、近づくと、

例の男の子と横たわって抱きしめあっていた。


内心、ええええエエエエーーーーー!!!と叫ぶ。



その必死の叫び声を深呼吸に変えて、

「おーい、帰るぞー」と平常心で言った。


娘の起き上がった顔。

何だかほっぺが赤くなっている。

明らかに楽しんでいる様子だ。


近くにいた先生に言った。

「ちょっとどう言うことでしょうか?」


すると

「そうなのよーラスト45分ぐらい、あんな感じでね。

 なんか疲れちゃったみたいで、今日よくはしゃいで遊んでいたから、エネルギー切れって感じで

 娘さんが寝ていたら、あの男の子がきて膝枕をしてくれて、髪の毛を撫でてくれてね。」


その後、

「スイートよねえええ」


と言った。


スイート。