top of page

骨盤のワークショップ

骨盤については、いろんな専門家の方が知識を与えてくれる機会がいっぱいあるなあって思います。


仙腸関節が狭いとか広い


とか


骨幹が


とか


骨盤がずれている


とか


骨盤が開きっぱなしだ


とか。



いろいろと教えてくれる。


でも、知識だけでは、骨盤は変化しないとです。


頭で考えて、筋肉を動かして、

お水の入ったボトル(クリスタルボトルはこちら)を持つことはできるけど

その飲んだお水で、今から汗をかいてくださいって言われてもできないぐらい


骨盤って頭で考えても

ずれを治せないし

開きっぱなしを閉じることができない。


今回のクラスね、


ずれを治します

とも


開いてる骨盤を閉じますよ


とも言えないんです。


なぜなら、

ずれは足全体のアライメントや足の筋肉の癖で出ている部分もあるし

普段の体の使い方も理由かもしれないから。


開いてる骨盤に関しては、

ホルモン周期によって違うし

開いてることで体がバランスをとっている場合もあるし

何を持って開いているって見るのかも人によって違うんだろうし。



じゃあ、この骨盤ワークで何をするかっていうと


骨盤という骨に吸収されてしまった今まであなたが生きてきた分の衝撃を少しずつ解いて行きますよ


ってことをします。


骨は本来すごく柔らかくてしなやかだと習いました。


確かに、チキンとかジューシーなチキンの骨はしなるけど、

数日経って乾燥した骨は、パキンと折れそう。


また

体のカルシウムが足りなくなると骨が自らのカルシウムを溶かして体に届けようとする。


汚い言葉を聞くと、

耳の骨から身体中の骨がその振動を伝ってしまう。

そして、筋肉が硬くなるのと同時に、骨も硬直した感覚になる。


飛んだり跳ねたりして、地面に着地をするたびに、もしも足の筋肉が使えずに

ベタベタ(第1回の自分軸で話した内容)と歩くと

その振動は骨盤にぶつかって、しなやかな骨がどんどんとその衝撃の吸収だけに使われて

硬直していってしまう。


体の中心が骨盤の真ん中だから、上から振動も下からの振動も全て受け取っちゃう。

中間管理職。


で、そのいっぱい詰まったしんどさに

そっと手を当てて、もう、それら全部の硬直を手放していいんだよ


っていうワークが、今回の骨盤のワークです。


骨盤にある骨の全てをボールでタッチしていきます。


ボールが触れることで、その硬直さって手放せるの????


そう思うかもしれない。


できるんですよ。


でも、これはね、知識の部分じゃなくて、

体感でしか習得できない。



ウサギを触った時のふわふわ感を体験でしか理解できないように。


丸坊主にした高校野球の男子生徒の坊主頭のチクチク感を触った時しか体感できないように。



でね、開くとか閉じるとかズレているとか、

多分だけど、


カサカサの骨盤より、

やわらかくしなやかな骨盤の方が

あるべき位置に戻りやすいんじゃないかなって。


そして、


もう、自分の中心である骨盤がホッとすると、力が抜けると


何も考えれられなくなるんです。

本当に。


だから、いつもは30分講義の60分ワークですけど、

ここに関しては、


15分講義の75分ワークにします。


(*↓今回はこんな内容)




それぐらい骨盤をじっくりゆっくり丁寧に刺激して、

そこに詰まった硬直させているもの全てを取り除きたいから。


終わった時に、何人が目を開けていられるだろうか。。。。


リラックスっていうのを体感できる時間になると思います。


1週間後にクラス開催です。


是非お見逃しなく。


詳細は以下です。


第2回:根幹をしっかりグラウンディングするー骨盤のワーク

9月16日(金)16:00−17:30(カリフォルニア)

9月17日(土)8:00-9:30 (日本)


受講料:$45


持ち物:

①ヤムナボール(パールカラー)と空気入れ

こちらのサイトからご購入ください

②ヨガマット

③お水

④ズームアプリの搭載されたタブレットもしくはパソコン

留意点:

このクラスは動画撮影が入ります。

インストラクターのIzumi がメインでの撮影となりますが、

ご質問等をされるときには、音声がそのまま入りますのでご了承くだいませ。

​​





モノクロから虹色へ




Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page