飼い慣らされる


多くの女性が子宮に何かしらの問題を抱えてやってくる。


生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、月経痛など

本当に多岐にわたる子宮の訴えがある。


それぞれいろんなバックグラウンドがあるけど

一つずっと気になっていたことがあった。


それが私のところに来る白人の女性のほとんどが『バービー人形』に取り憑かれているんじゃないかという感覚だった。というか、バービーという言葉をいろんな人が口にしていた。


バービーのようなスタイルで

バービーのような金髪で

バービーのような唇に

バービーのような可憐さ


それに取り憑かれているのかなあって思っていた。


とても礼儀正しくて、とてもおしとやかで

人当たりが良くて、その上、権力に対して服従もしくは加担しているのが当たり前で

その権力はほぼ男性が持つという感じのバービー


その場の雰囲気を壊すよりも、黙っているという光景を目にしたときには

自由の国、アメリカでもこういう人、多いんだなって思ったこともあった。


それは、子宮のセッションからも感じたし

私がアメリカ人に混じって受けてきた様々なジャンルのワークショップでも感じた。



日本では、リカちゃん人形だろうか?


もはやバービーとリカちゃん人形が同じなのかどうかもわからない。


私の家はおもちゃが一切なかったので

近所のお友達の家から最新の情報を得てくることが私にとっては楽しみだった。


お友達がリカちゃんとお話ができると、電話の番号を押して

「こんにちは、私はリカちゃんよ」と甲高い声が聞こえたときに

おおおお〜!リカちゃんっているんだ!って思ったのを覚えている。


奇しくも同じ電話機で数年後

「面白いのが聞こえるよ」と

そのお友達が電話をした相手が当時流行ったテレクラだった。


向こうから甲高いおばさんの声が聞こえたとき、

小学生4年の私は、リカちゃんってテレクラのおばさんになったの?と思ったほどだった。

 

こんな世間の情勢に疎い私だったので

ピンクレディも又聞きで歌を覚えている程度だし

私はそんなに世間の波に飲まれていないと思っていた。


だから、米国の女性たちが一様にバービー人形に取り憑かれている様子が

とても興味深かった。



そんな私は、最近、私自身も取り憑かれていることに気づいた出来事があった。


この12月はクリスマスシーズンで、私たちは恒例のゲイマンコーラスショーに行ってきた。


その名の通り

コーラス隊の全員がゲイのみんなで作られているショーである。


とても楽しくて、初めて行ったときは涙したものだった。



さて、今年もチケットをアンドリューが取ってくれて

お友達が子供を見てくれている中、私たちは会場に向かった。


席に案内をされるとオーケストラ席のど真ん中のすごくいい席だった。


アンドリューやるじゃん!!と私は興奮した。

そしてショーが始まる5分前になると会場がどんどんと人で埋め尽くされていった。

コロナはどこへ?というほどギュウギュウの会場で

私は今か、今かと始まりを待った。


すると、アンドリューの様子がおかしい。

呼吸が荒くなっている。

そして彼は『ダメだ、閉所恐怖症が始まってきた』と言って

駆け出すように席を離れようとした。


恐怖症のプロトコルは頭に入っている。


「セッションをここでしようか?」と聞くと

そんな時間はないとばかりに人をかき分けで外へと出て行った。


私は、どうしようかと思ったが、彼の安否を確認しようと私も席を離れた。


席を離れて空間が広いところに行くとアンドリューは落ち着きを取り戻したようだった。

「サイコロジカルなのはわかっているんだけど、両隣に大きい人がいて、いずみの前にも大きい人がいて、、、、」と言った。



きっと彼にとっては、両隣をダンプカーに挟まれた軽自動車の気分だったのだろう。


「大丈夫?」と聞くと


後ろの