top of page

行間を読む女性と読まない男性



みなさん、母の日はどう過ごされました?


私は、アンドリューがお仕事だったので、いつもと変わらない日曜日を過ごしました。



ただ、朝起きて子供のおむつや洋服を変えて一階に降りて行くと


おやまあ、大きな百合の花が。


そして、二つの封筒が入っていました。


その封筒は一通は、アンドリューからでした。

『僕のベストワイフへ』

というタイトルから

中身はなんと、まあ、スイートなこと。


君の母親というコミットメントに毎日感動をしているとか

素晴らしいとか

こうやって育ててくれてありがとうとか


嬉しいことがたくさん書いてある訳です。


でもね、それを読みながら、受け取ることが困難になっている私も否めない訳です。


なぜか、、、、


その封筒の横にですよ、ギフトが置いてあった訳です。


オレンジの箱に入ったギフトが何にも包装されずにむき出しで。



何だったと思います?



剃刀です。

シェーバーです。


そうです、あの、


ワキ毛

とか


イン毛

とか


ヒゲ

とか


すね毛

とか


あれらを剃る品物です。





まず、『え?なんで?』


っていう一声ですよ。


そして、彼がこれをわざわざ購入して母の日のギフトにと選んだ理由を探る訳です。


つまり行間を読む訳ですよ。

それもね、考えずに、当たり前のごとく


なぜ彼はこれを買ったのか???と考え始める訳です。



私のわき毛はそんなにひどい?


いや、そこまででもないはず


でも、男性の目からしたら気になるのだろうか。


でもさだってさ、こっちだって、お風呂がガンジス川のごとく子供のおしっこと赤ちゃんのゲロの中

赤ちゃんを抱きながら顔を片手で洗っているわけよ。

剃刀で整えている時間がないの知っているやろ!



え、まさか、私の見えていないところ?


お尻とか???


まさか背中とか?



え?やだ。

もー赤ちゃんを抱っこしすぎて、肩がガチガチで首が回らない!

背中の毛が生えてても見えない!


でもさ、背中に毛が生えてたって、届かないやろ。

どうやって、剃れっちゅーねん!!


いや、それぐらい、彼でもわかるか・・・


だったら、


だったら、



どこ?どこなの!!!!


私のどこの毛を剃って欲しくて彼はこれを買ってきたの???



という思考が止まらずにこの手紙を読むわけですよ。

だから、手紙の内容が心に深く浸透しない。。。。


やばい、これはちょっと今、私は女性の脳に侵されているわ。

冷静になって、考えましょ。


彼はこのシェーバーを買ってきた。

私の知らない理由で買ってきたのだとしたら。。。。


いったん、彼の言い分を聞こうではないか。



そして一呼吸をしました。



まあ、私は女性ですから、黙っちゃいられないわけですよ。



その日にきたクライアントさんみんなに

『ねえ、シェーバーを母の日のギフトとして買ってきたんだけど、

どういう意味だと思う?』

と聞いたわけです。


まあ、全員大笑いしていましたけどね。


でも、これって結構大きくて。

私は自分で男性学、女性学を学んだから

この女性が絶対にやる『なぜ、これをこの人は私に与えたのか?』という意図を汲み取ろうとしている習性に気づいているので、ここで止まっているわけです。


ただ、これを知らないと

『私のことを馬鹿にしているんでしょ!』

とか

『私のことを価値のない女だと思っているんでしょ!』

とか

『もう私のことを女として見ていないのね!』

とか

『こんなふうに嫌味ったらしく、こんなもんを買ってくるんだったら私の大変さを分かってよ!』

とか

『まじ、この人、私が一番欲しいものをわかっていない』

とか


そして最終的にワイドショーで


『離婚の理由は?』って聞かれて


『価値観の相違です』

とか

『夫婦って一つの理由で離婚をするわけじゃないんですよ』

とか


そういう発言に繋がることもある。



でね、アンドリューが帰ってきてから聞いたんですよ。

『なんでシェーバーなん?』


そしたら、

『え、オレンジ色のボックスがかわいいなと思ったから』

だって。



多分、男性という生き物について知らないと


『本当のことを言って!』

と勘ぐったり


『なんでこれなん?』

と文句を言ったり


しちゃうと思うんですよね、女性って。


だって、私たちは行間を読む生き物だから。


でも、おそらく本当にアンドリューは私がオレンジ色好きだから買ったんだと思います。


じゃあ、他のオレンジでもいいじゃんって思いますよね。


でも、5歳ぐらいの男の子が

ママにプレゼントって言って、道に転がっている石をあげた時に


なんで石なん??


って思うママもいると思うんですよ。


お花だっていいし、

なんかの実だっていいじゃんって。


でも、その子の目には、これだって、この石だって思ったんですよね。


それと一緒で

多分、アンドリューもパッと目に入ったのが私の好きなオレンジ色だったから買ったんだと。


それでも


『なんでシェーバーなん??』


っていう私の女性の顔は隠せなかったようで


『RV借りてキャンプにだって連れて行ったじゃーん』と言っていましたよ。



多分、私がシェーバーをアンドリューに買ったら、ここまで勘ぐらないと思うんですよね。


『お、サンキュー』ぐらいで。


本当に

女性って複雑な生き物です。

愛おしいぜ!






モノクロから虹色へ











Comentarios


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page