自信を持ちたいなら




きっと自信を持ちたいともがいている人は多いのだと思う。


そして、自信を持つためにいろんな資格を取ってみたり、いろんな勉強をしたり、

一人旅をしたり、セミナーに行ってみたり。


それは、背骨を刺激する事である。

そして、背骨につながっている臓器を元気にする事である。


臓器が元気になると、身体中にパワーがみなぎる。

そうすると、止めようと思っても自信が溢れて止まらない。


どんどんと、こんなことをしたい、あんなことをしてみよう!と

自分に対しての信頼した言葉が出てくるものだ。


そう感じた初めての経験。


それが、

アロマオイルを背骨に垂らして

60分ずっとアロマを背骨にすり込んでいく

というセッションを受けた時。

上の図のように

背骨の一つ一つが臓器に繋がっていることを

ご存知の方は多いかなと思います。

臓器が私たちの心とつながっているなんて

普段は思いもしないと思うんですけど、

このアロマをやっている時に

まあ60分ずっと背骨の横の筋肉を刺激され続けていく中で

どんどんとやる気だったり

勇気だったり

アイディアだったり

自信だったりが

むくむくと湧いて出てくるわけです。

これをしたらいいじゃん!

あれもできちゃうかも!

もう自分の可能性の広がりが半端ない。

そして、60分のセッションが終わる頃には

意気揚々の自信満々の私でマッサージを後にしました。



それが、しかし。。。


そして、車に入ってお腹がすき

自分のバッグに入っていたポテトチップスを食べたわけです。

そしたら、興味深いことに

どんどんと自分を疑う気持ちが出てきたんです。

そんなこと私にできるわけないじゃん。

失敗するに決まっている・

前だって調子に乗って失敗しているし

そして、そのダークな思考がぐるぐるしている時に、

おい、ちょっと待てよ。

とハッとしたわけです。



30分前にはこんなに意気揚々としていた私が


車という猫背の姿勢と

ポテチという酸化した油と塩で味をごまかされた古い芋を食べて

消化器官を攻撃する


というダブルパンチで

こんなに自信を失っているじゃないかーい!

と。


よくいませんか?

お酒を飲みながら、「俺はよー」と自分についてクヨクヨ話しているおじさん。 もうあれは、臓器がやられている証拠ですね。

ぐったりとテーブルに寄りかかって真っ直ぐに座れない背骨ですし。

そう考えると、

ゲゲゲ、すげえー背骨と臓器!

背骨を刺激するとこんなにも自信に溢れるなんて。

でも、マッサージにいく予約が取れない時

自分でやりたいんですよ。

それから私はかなりの間

毎日背骨をヤムナボールで刺激していました。

子供が生まれる前は

毎晩それをして自分に私はすごい!と思う気持ちで寝ていました。

本当にすごいんですよ。

この背骨のワーク。

しかも、今回は90分間行うので

多分、クラスが終わった後は

自分の内側がとってもやる気と希望と安心でいっぱいになると思います。

そして心だけではなく

背中が床に沈んでいくような、

それでいて

広がりがあるような感覚を得ると思います。

もう自分軸の中心の内容。

この背骨のワークだけでも

私おすすめです。

デスクワークの方