膣スチームバス

6月は本当に頑張った1ヶ月でした。


新しいオンラインワークショップで60名近くの方が参加をしてくださり、

どんな風にボディ、マインド、スピリットについてお話をして

楽しく学んでもらえるかを毎日考えていました。



こんなことを話そうかな

どんな流れにしようかな

どの例えを出したらわかりやすいかな


そして、

オンラインで参加してくださった皆様のFacebookグループ内でのシェアも深くて

自己開示がいっぱいで、

私一人の力ではなく、参加してくださった皆様のおかげで

とっても濃い時間を過ごしました。


だから、毎回、自分はちょっとエネルギーがハイな状態の日が続き

また、流れを考えるために眠れない日もあり、

それでも終わった日は名残惜しくてなかなかズームを消すことができず。


そして、同時に始まったYouTube。


頭の中が次に何をするのかを考えて、企画を練っての繰り返しだったので

本当によくやった!と言いたい1ヶ月でした。


そしたら、5日も早まって生理が来ました。


生理が始まりそうになった夜、薄らピンク色が出たのを見て

私は一目散に膣スチームバスの準備をしました。


たっぷりの薬草を入れて、私は下だけ裸になって木の箱の上に座りました。


温かい蒸気が膣の周りをしっとりと温めます。


尾てい骨が温まるにつれて、