top of page

私の創りたい世界

*ニュースレターに書いた内容です。


今回は、なぜ自己内観が大事なのか?と言うお話です。

私の父親は、市内でも有名な父親でした。

彼の名前が入った保険証を持って病院でも眼科でもいくと

必ず

「あなたのお父さんに大変お世話になりました」

と言う言葉を受付の看護師さんからよく言われました。

だから、自慢の父でした。

彼は小学校の教師でした。

小さい頃はよく父の仕事場へ連れていってもらいました。

80過ぎの父は今でも大好きな仕事ができて幸せだったと言います。

だから、私は仕事とは

大好きなことをすることであり、

幸せを感じることだと父の姿を見て学びました。

他の先生方から人望がありました。

たくさんの先生が父を慕い頼りにしていました。

でも、彼はなかなか校長先生に就任することができませんでした。

テストもうまくいったのになぜか

彼はそれを分からず悶々とした日々を過ごしていた父を

小学生ながらに覚えています。

そして、ある日、

彼が一教師でありながら、あまりにも生徒にも先生方にも慕われているために

その学校の教頭先生が

「あいつは俺を馬鹿にしているんだ」

と教育委員長に酒の席で伝え、

その教育委員長がそれを信じ、辞めるまで

父は校長先生になることができないことを

父は、その酒の席に同席していた方から後から知ることになりました。

自分が大好きで学校を本当にいい場所にしたいと

熱意と情熱を持って行っていたけど

一人の人の発言で彼は校長先生になる時期がだいぶ遅れました。

父がようやく校長先生になったとき、

彼は生徒全員の名前を覚え

校門をくぐる生徒に

「〇〇くんおはよう!」と声をかけていました。

それも病院の待合室で看護師の方から聞いた話です。

彼が子供を愛し

学校という場を尊い場所だと思っていたことが

とても伝わるエピソードでした。

さて、

この話を読んで、皆さんは何を感じました?

私は、初めは憤りでした。

その教頭、連れてこい!

その教育委員長、ぶっ飛ばす!

と。

でも、父は、「本当に幸せな仕事につけて、僕の人生は幸せだった。」

と言い

その教頭や教育委員長に対する愚痴を言ったことは一度もありませんでした。

「いず美、お前が怒ってどうするんだよ」と

私をたしなめたこともありました。

そう、どうするんだよ。

です。

そして、この怒りを何に変化させていくための

体験なのだろうか?

と問い続けました。

私はどうこの怒りをギフトに変えることができるだろうか?

その答えが

「自己内観をして、そこから会話ができる世界を作ること。」

と辿り着きました。

その世界とは、

例えば、

その教頭が、

俺はあいつ(父)に頭に来ている!

と自分の感情に気づき(自己内観ステップ1)

俺はあいつがいろんな人に慕われていることで

劣等感を感じているのだ

という自分への信頼を失っていることに気づき(自己内観ステップ2)

そして、

俺があいつとどう関われば

自分もあいつも心地よい職場になるのか?

とより良い環境を考え始める(自己内観ステップ3)

そして

実際の行動に移していく。

つまり、父に本当の気持ちを伝えて

二人でお互いが満たされる方法を考えていく。

こんな世界になったら

なんて素晴らしいのだろうか?と。

そして、私は、インテグレイティッド・ヒーリングというものを学び

セッションを色々な方にさせていただきました。

その中で、最近、一つ私の夢をかなえるかのような

希望を感じる感動をするセッションがありました。

日本中が知っている大きな団体のトップの方からのセッションのご依頼でした。

その方の悩みは

部下に対して傷つくことを平気で言ってしまう

ということでした。

彼の望むことは

「人を勇気づけ、そこに君がいてもいいという安心感を与えてあげること」

が出来る自分になる

でした。

セッションを進めていくと

それができない理由は

自分が自分をそこの団体にいてもいいと思えていない

ことが原因でした。

一緒に働く人からよく思われていない自分

そこをどうしてあげたらいいか?

というところで、

一人の人物Aの名前が浮上しました。

彼はその団体のトップではあるけど、

違うITという畑から、そこの団体に入った経緯がありました。

一方、

A氏はその団体でずっとずっと働いてきた人です。

彼は A氏から自分は認めてもらっていないとずっと思っていました。

セッションで、

その A氏に「自分の正直な気持ちを話す」と出てきたのです。

上司の俺が、俺を認めていない部下であるAに

俺のことを認めて欲しいなんて事をいうのか?

と。

抵抗はもちろんあったと思います。

ただ、このクライアントさんの本当に素晴らしいところは

自分が今までの状態でいいのか?

このまま自分はずっと苦しんでいくのか?

いや、違う。

俺はもっと素晴らしいところに向かっていける力がある

と自己内観が充分にできていたことが

彼の中での決断を早めたように私は感じました。

セッションが終わり、

実際にA氏と話す機会を設けて

自分の気持ちを伝えたという連絡が入りました。

以下がその時のメッセージです。

++++++++++++++++++++++++++++++


滝口様

先程 Aさんとの1on1を終えまして、ご連絡差し上げております。

先日のセッションをした内容そのままとはいきませんでしたが、

ここにいていい、

と認めてもらいたい気持ちを包み隠さず伝えることができ、

彼もその気持ちを受け取ってくれました。

彼自身も、

我々のような〇〇出身者ではなく「会社のエラい人」という立場の人たちに

認めてもらいたい、という

気持ちをずっと持っていたようで、

なんだお互い様だね、

お互いに近づこうという前向きな意思確認ができました。

もしかしたら、

日本のこの世界で数十年間当たり前と思われていた壁をぶっ壊した瞬間だったのかもしれないなと

大げさではなく思いました。

これから、 Aさんや私、この団体全体が大きく進化する自信がさらに湧いてきました。

このメッセージを受け取って私は号泣しました。

何度もこのメッセージを読み返しました。

父の時代にこのクライアントさんのように出来る人が沢山いたら

どうなっていただろうか?と。

そして確信を持ちました。

大きな団体のトップがこれができたら

きっと徐々に社会は変化をしていくだろうと。

彼の勇敢で愛のある行動力が

本当に変化を生み出すだろうと信じてやまないメッセージでした。

そして、彼のセッションを通じて

自己内観をできる人をやっぱり増やすことをしたいし

そういう社会を作りたいって強く思いました。

ということで、

5月14日から自分に対して行う筋肉反射テストを使って

自分と会話をしていくクラスをスタートします。

それについてのブログを書きましたので読んでみてくださいませ。

◆全4回 ZOOMでの開催

第1回:筋肉反射テストのやり方を学ぼう

5月14日(土)16:00-17:30(カリフォルニア)

5月15日(日)8:00-9:30(日本)

第2回:筋肉反射テストを使って色々聞いてみよう

6月3日(金)16:00-17:30(カリフォルニア)

6月4日(土)8:00-9:30(日本)

第3回:自分の心の声を聞いてみよう

6月11日(土)16:00-17:30(カリフォルニア)

6月12日(日)8:00-9:30(日本)

第4回:自分を愛するためのメッセージを受け取ってみよう

6月17日(金)16:00-17:30(カリフォルニア)

6月18日(土)8:00-9:30(日本)

値段:$700を半額の$350で!

お申し込みはこちらから

もしも、クラスをお申し込みしたい!と思った方はこちらからぜひ!

パソコン用フォームURL https://ws.formzu.net/fgen/S696593822/

スマホ用フォームURL https://ws.formzu.net/sfgen/S696593822/

みんなが本音を話せる安心した世界に




モノクロから虹色へ

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page