私のあり方と娘の環境

『今、なんて言った?』


私の身体中が震えるような感覚になった夜中12時。

私はアンドリューの言葉で身体中が凍りつくような気持ちになった。


そして、怒りが後から後から湧いてきて、めまいがしそうだった。


その晩は、

ニューヨークから戻って、自宅に帰宅できたのが22時30分だった。


ニューヨーク時間だと午前1時半を過ぎたところ。


3時間の時差って結構短いようで大きかったりする。


家に到着してすぐにピラティスのマシンに乗ってボーッと天井を眺めていた。


とても充実した感覚と、どっと疲れた疲労感がマーブル模様のように折り重なって

頭がぼーっとしていた。


何か食べようとのっそりと起き上がって私は、キッチンカウンターに座りながら

温めた野菜を食べていた。


アンドリューが寝ぼけ眼で下に降りてきた。


マザーブレッシングのセレモニーはどうだったか?

ニューヨークの天気はどうだったか?

どんな式になったのか?


そんな夫婦のいつも通りの会話をしていた。


そして、一通り伝えたところでアンドリューが切り出したのだ。


「ニューヨークに行っている間は、いずみには愛のスペースにいて欲しいと思ったから

 言わなかったんだけどさ、長女が、学校で男の子にいじめられているみたいなんだ。」


そう彼が言い出した。

確かに、そういえば、今までにも学校から帰ってくると

「二人の男の子がナイスじゃないの、ママ」って私に話してくれたことがあった。


でも、私は「男の子の遊びってさ、ラフだから、やめてってお話をしなさい」と話すぐらいで

私の中では終わっていた。そんなに大したことではないと思っていたけど。。。


それが、エスカレートしているとアンドリューから聞いたのだ。


私の中で、娘がその男の子たちに実際にされた事を聞いた瞬間に

食べていたものが胃から全部出そうになった。


さっきまでの心地よい感覚から、一気に身体中の毛が逆立つ思いがした。


怒りで、気がどうにかなりそうだった。


その両親の顔を思い浮かべ、

金髪白人のお金持ちの子育てをベビーシッターに任せているどうしようもない親だ

と全く因果関係も根拠もないところに、イチャモンをつけて怒った。


「また月曜日から学校が始まる前に、学校の責任者と話す予約を明日取ったから」

そうアンドリューが言った。



どう話すことが最善か


今晩はゆっくり休むつもりだったのに、

脳みそが怒りで震えるような気持ちだった。


ベッドにいくと、天使のように寝ている我が子を見て、怒りながら泣けた。


この子に何かがあってはならない。


そして、彼女の体に触れて、彼女から許可をもらったあと、

彼女にセッションをする必要があるかを聞いた。


すると、「ない」と出る。


その代わり、私がセッションをする必要がある。と出た。


私???


すると、女性に対しての不信感という内容でセッションが進んでいった。


嫌がらせをされたのは、男性だから、男性に対しての不信感ちゃうんかい?と言う気持ちの一方で

潜在意識は女性に対する不信感を進めていく。


そして、幼い頃に関わった女性全般に対する不信感を払拭すると言う流れになった。


なぜ?

そこからの紐解いていくと、

私の感情には女性に「見捨てられる」と言う恐怖があった。


それが出てきた時に、私は全てを理解した。


私の過去に女性に見捨てられた経験を何度もしてきたから。


娘が嫌な思いをしていても、誰も助けてくれないと思っていた。


自分一人で全部をやる必要があるのだと。


本音と建前がある。でも本音は出さない。建前だけで生きていくのだと。


相手の優しい言葉を鵜呑みにしたら、自分がバカを見ると。


そんな過去がブワッと出てきていた。

セッションが終わったあとに娘のされたことについて

怒りだけだったところから、もう少し冷静に対応できる私にシフトチェンジしていた。


そして、心の中で思った。


「彼女が一生の傷を覆ったわけではない。 

 そして、今この時点で、私たちは、まだ彼女を保護できる場所にいる。

 私の周りには、サポートをしてくれる女性ばかりがいる。

 だから、学校の先生たちもみんな女性だから、彼女たちに助けを求めてみよう」