男性が一番怯えるものは

僕たち男性が一番怯えるものは、


君たち女性ではありません。


でも、君たち女性を手放したくなる時があるのを知っていてください。


君たち女性が、怖いから手放すのではないのです。

君たちが女性が、楽しそうでないから手放すのです。


君から去るのです。


そして、それを感じるのは、

君たち女性が僕らを批判する時です。


きっと君たち女性は、僕らが君たちの思う通りに行動をしないことで


罰を与えないと!

いい人になるようにトレーニングしないと!

規則正しくさせないと!

コントロールしないと!

弱らせないと!


と躍起になり


ガミガミいったり

説得しようとしたり

教えようとしたり

何度も何度も分かっているのに言ったり

先回りして言ってみたり


俺のことを馬鹿だと思い込んでこれらの態度を取るだろう?


それをされた時に僕たちの心の中に起きていることを知っているかい?

僕たちはね、

それを言われて嫌な気分になるのではなく、

それを言われて、僕たちはこう思うんだよ。


『ああ、この人は僕といて幸せじゃないんだな』と。


僕たち男性は女性を幸せにしたいと思っています。


どうしたら、この娘を笑顔にさせてあげられるんだろう?と。


でも、目の前の女性が、僕が何をしてもずっとムスッと怒って

話もせず態度だけが悪くて

たまに口を開けば、悪態をついて

不幸せそうな顔を見るのが

一番、きついんです。


ああ、僕はこの子を幸せにする役に立っていないんだと。



あとね、鏡を見ながら、自分のことを否定するのをやめてくれないか?


私は太っている

とか

私はシワが酷い

とか

私は美しくない

とか

それらの自分を否定する言葉。



私の髪の毛、眉毛、まつ毛についてですら

批判をするだろう?


全然セクシーじゃないよ!

きっと

女性は、自分自身を動かす方法として一番効果的な方法が批判であり非難だろう。


でもさ、

そのままの君で僕は十分で、

そのままの君を僕は愛しているのだから。


それでね、

もしも君の顔や体型を非難する男性が君の周りにいるなら

覚えておくといい。


そういう男性は、自分自身のことが大嫌いだ。

だから、そういう男性は君を幸せにしたいなんて一ミリも思っていない。

自分を誰か幸せにしてくれって泣き叫んでいるのさ。

君の笑顔なんて見たくない。君を笑顔にする余裕なんてないんだ。

だから、そういう男性には近づいたらいけないよ。


でも、大体、君たち女性は、

ああ、私がいないとこの人はダメなんだ、、、なんて言い始めるよな。。。(ため息)



最近、僕はわかったんだよ。


その自分批判が一番効果的だからって

それを男性にもやろうとする。


でもね、

僕たちは、君のそんな批判の言葉で動くほど、自分が「ない」人間じゃないよ。


僕たちはもっと自尊の念がある。

だから、言われたからやるんじゃない。

君を笑顔にしたいからやるんだ。


でも、なぜか君は、何をしても何を言っても笑顔にならない。

僕がいない方がいいんだろうと思って、僕は君たちに距離を置くんだよ。


他の方法もするね。