母のふくらはぎ

7月3日から21日までの約3週日本に帰国。


新しい環境で会ったことも覚えていない大人に囲まれながら

娘たちは必死に自分の気持ちをなだめるかのように

携帯のYouTubeを見ていました。

その食いつき用は、いつもの彼女たちとはちょっと違う感じ。


私は親の心を読みました。


「せっかくこっちにきて、いらっしゃいって思っているのに

 なに、携帯電話に夢中になっているのよ。


 まったく可愛くない子たちね。」


そんな風に言われているんじゃないかと案じる気持ち。


何も言われていないけど、でも何を思っているのかを予想して

ちゃんと動くこと。


それが出来る大人。


そんな昔の私がとっさに出てきて、

あまりにも自然にその行動をしている自分にびっくりしながらも



「ちょっと今、戸惑って携帯を見てるけど

 数日経ったら、この環境に慣れるから」


と弁護しながら、私は子供達をお風呂に入れて寝かしつけました。


朝5時。

時差ぼけの娘たちは元気よく目を覚まし、

「ママ、遊ぼうよ」と言い出しました。


隣りでは父母が寝ている。

そーっと、布団を抜け出して、少し歩いてみる。