救急病院に行って




娘が学校に初めて通った翌日、6月の末私は急に物凄い腹痛に見舞われた。

お腹が痛くて痛くて、のたうち回った。

何もできずにとにかくうずくまって、その痛みが過ぎるのを待った。

原因は、ポテチを食べた後にスイカを食べたその食べ合わせが悪いのだと思っていた。

でも、その日から定期的に私は腹痛に見舞われるようになった。

キリキリする痛み。

それは、左の肋骨下部から右の肋骨下部に渡り痛みを発した。

アロマオイルのフェンネルを取ると痛みがスゥッと引いていった。

その日から、フェンネルは私の常備薬になった。

Integrated Healing では、初めは体のワークばかりだったが、いつからかインナーチャイルドも出てくるようになった。何を伝えたいのだろう。

痛みが出てくるたびに少しずつレイヤーが剥がれていき、そのXデーは来た。

その日は一日中忙しかった。


朝から仕事をして、その後眠気が襲ってきた。


でも

子供たちとアンドリューと友人がレゴランドのプールに行くというので

私は後からジョインするという約束に応えたかった


(家族との時間を大切にしないと!)


そう心の中で自分に言った。


そんな風になんとか自分の身体を持っていったが

プールで遊ぶ姿を楽しむよりも、

ママが来て甘えたくなった赤ちゃんをずっと抱っこしながら延々と歩くことになり

なんだかとっても疲れた。


家に戻り、夕ご飯の支度をバタバタとした。


ハッと気づいた時には

一日中何も口にしていないことに気づき、子供のために茹でたとうもろこしをひとかじりした。


そのすぐ後、くちびるがジリジリとして生あくびが止まらない状態が始まり

直後に腹部に激痛が襲った。

トイレに駆け込んで、これでもかというほどの下痢が出た。

それでも腹部の痛みは止まらない。

うずくまり、痛い痛いと体を丸めた。

アンドリューが夕ご飯を食べさせ、その間、私は何度もトイレに駆け込んだ。


下痢にならない何か液体が出てきた。


フェンネルを舐めるが、今回ばかりは、そのカンフル剤も効かない。


そして友達が駆けつけてレイキをしてくれた。


彼の手から出る温かいエネルギーに私の腸はゆっくりと安心感を覚え、

そこに停滞して暴れていたエネルギーが少しずつ流れていくのを感じた。


そしてトイレに駆け込むと言葉にならない何か液体がまた出てきた。

少しずつお腹の暴れヘビのような存在が消息していくのを感じ、

赤ちゃんが泣く声を遠くで聴きながら

私は口を小さく開けて、小さく小さく呼吸をした。

アンドリューは仕事場に電話をして、救急医療が今どれぐらい待ちかを当直と連絡を取った。


9時間待ちで外のテントで待つことになると聞いた時

私は家にいると決断をした。


そして

別の友人も駆けつけてくれ、足をさすってくれる中、私は眠りに落ちた。

翌日、私は救急医療に連れて行ってもらった。





私たちはラッキーなことにすぐに部屋に通された。


血液検査から始まって様々な検査をした。


その検査結果を待つ間、アンドリューと2人だけの時間が沢山あった。


そこで色んな話をした。


これからのビジネスのこと、

友人のこと、

今までのワークショップの事、

今のアンドリューの仕事場のこと、

今度の旅の事。


たわいもない話をして笑ったりお互いの意見を聞いたり、

久しぶりに私がアンドリューと恋人同士だった時のようなリラックス感で話ができた。


お迎えに時間に拘束される事もない。


子供達の心配をすることもない。


病気であるという大義名分の元、私は全てを人様の手を借りて、旦那さんとの時間を楽しんだ。


その一方で

ドクターに臓器を全てチェックしてもらい、

胃の痙攣を抑える薬を飲み、

血液検査の結果、

「異常は全くなく健康です」と言われて

ドクターには「胃の痙攣をストップする薬を処方するけどいる?」と言われた。


おっぱいに問題はないというが、副作用の欄を見たら、腎臓が悪くなると書いてあった。


胃の痙攣を止めたところで根本原