top of page

愛の不時着

こんな壮大なタイトルをつけていいのだろうか?

と思いつつ、私にとってはこのデートは、自分が目的地以外の予想だにしないところに着陸したので

あえてこのタイトルにさせてもらいたい。

(愛の不時着ファンの方、すんません)



緊張をしながら、私たちは子供を信頼できる友人に預けて

泊まりがけのデートをすることにした。


子供を預けてデートをするとは、


私の印象では

「お金持ちのマダムが、他の人に頼んで、自分だけ楽しいことをしにいく自分勝手な行為」

と思っていた。


夫婦でデートなんて、アメリカに住んでいればそこら中で聞く。


ハイハイ。子供を置き去りにするなんてさ。

そんな風に言葉通り思わないにしても、そういう斜めで見る節はあった気がする。


そういうことは、アメリカ人がすることであり

責任感強い素晴らしい日本人はすることではない


ぐらいの感じだったかも。

っていうか、そういう文化は、だらしないというか、不埒な感じがしていた。


そんな楽しい時間、子供も一緒に連れて行けばいいじゃん。

家族みんなで楽しめばいいじゃん。


そう思っていた。


それが、この不時着(←結構この言葉を気に入っている)デート。


自分がそんなジャッジメントを持っていたことがどれだけ自分を苦しめていたかを知るほど

自分が予想もしない展開が待っていた。




まずはハイキングへ。

歩きながら、いろんな話をした。

これからの未来、どんな風に考えているのかと。


私は、カリフォルニアで5歳の幼児に未だ実験段階であるコロナのワクチンをする法案が通ったことで

日本に帰国をしたいとすら考えていること。


まだまだこれから脳が発達していく子供の体に何かを入れることを

私は、なんとなく直感だが良しとは思わないこと。


いろんな人のいろんな考えがあっていいと思う。

ただ、私は気持ち良くない。


そんなことを話をしているうちに

彼の魂が楽しいことをもっと人生で取り入れていきたいとも思った。


そこから、二人でいろんな話が盛り上がった。


っていうか、

こんな風に私たちは、自分の思いを最後まで話したことはあっただろうか?


いつも子供たちの声にかき消されて、

最後までセンテンスを言ったことがなかった気がする。


短い時間の中で、伝えようとすると

どうしても語調がキツくなる。


その一方で

どうしても少ない言葉で私の思いをわかって欲しいという期待を見事に裏切られて

相手にイラつく。


それが一切ない。


ビバ、フル・カンバセーション。


お互いのことを話していくうちに、

そうだった、私はこの人のこんな考え方をするところが好きだったんだ。

そんな風に思い出して行った。





いや、実は、このデートはその前から思い出すことが始まっていた。


デートがある数日前、

私の右目が何か虫に喰われたようで、腫れ始めた。


その腫れは右の顔に広がっていく。

そして、デートの土曜日まで治らなかった。


私はアンドリューに土曜日のあさに伝えた。

「せっかくのデートなのに、顔が腫れてる。ブサイクだ。悔しい。」


するとアンドリューは言った。

「It is OK . I want to connect your heart. Not your face 」と。

(大丈夫。僕はきみのハートと繋がりたいんだ。顔じゃないよ)


そうだった。

いつもこの人は、大事なことをとっても嬉しい言葉で紡いでくれる人だった。


この3年間、

私がなんとか母親をやれてきたのも、彼のこういう言葉だった。


そして、彼のこういう言葉は、私が私であっていいという自信をくれた。


でも、彼はずっと母親として奔走している私だけしかこの3年半みていなかったんだろう。

つまらなかっただろうな。


顔をフルのサングラスで隠して

私たちは夕陽の見えるレストランでご飯を食べた。



お洒落をして、ゆっくりとご飯を食べて、一杯のワインを二人で半分こした。

アンドリューは半グラスでも、酔っ払ったと言ってホテルに帰るなり寝てしまった。


ゆっくりと時間が過ぎていく。


初めは、ハイキングの数時間でいいじゃんって思っていた。

でも、違った。

私が自分にフルにようやく戻った感じがした。


翌朝、ジャグジーに入りながら、また話をした。

お互いに心のワークをしているから、

ホテルのラウンジに座って、私がアンドリューの心のワークをサポートした。


ああ、自分のこのシャドーをワークできてよかった。

そんな風にアンドリューは言った。


そして、サプライズへ。

水着を着ろというので、久しぶりにビキニを着た。


70キロまで増えた体重は、先々月のお腹の痛い騒動で一気に52キロまで減った。


いつでも赤ちゃんにおっぱいをあげる準備をしている私は

ダブダブの洋服と汚れてもいい薄汚い格好をしている。


でも、ビキニを来て連れてこられたところはビーチ。

ハワイアンのお兄さんが「今から、サーフィンをします」

そう言って、ウェットスーツをくれた。


ずっとずっとしてみたかったこと。

サーフィン。


波に飲まれて、お兄さんに「怯むな!」と叫ばれながら沖にようやく出たときに

私はあまりの美しさに呆然とした。


こんなに高波に飲まれて、大変だったのに

波を超えた先にはこんな美しく穏やかな真っ青な空間が待っているとは。


そして、

「怖がることはない。ただ自分を信じろ。そしたらできる。根拠はない。

 でもできると信じることに根拠なんていらないんだ。信じるだけだ。」


そう言われて、波に乗った。

乗った感覚をいまだに理解できていない。


でも、ふわっと連れて行ってもらえた感覚。

波に乗る、波に任せる。

自分が何もしなくても、知らないうちに連れて行ってもらえる感覚。


これを何度も経験し、病みつきになったときには

すでに90分弱海の中で過ごしていた。


私の右の顔は、塩でゴワゴワに腫れ上がっていた。

それでも、楽しくて面白くて、アンドリュー!と海から出たときに撮った写真。



写真を見て驚いた。

こんな表情を私はしていたの?


心から楽しかったと叫んでいる自分の表情。


このカメラの先のアンドリューが心から笑っていた。


子宮のクラスでいつも言っている。

女性が心から笑った顔を見て男性は心から幸せを感じるのだと。


私は、子供を授かって育てる中で、

この表情をする時間を持つことをとてもワガママだとジャッジしていた。


母親とは忍耐で成り立つものなのだと。


でも、違う。

私はこの人生でやりたいことがたくさんある。

心を弾ませ、魂を転がして笑いたいことがたくさんあるのだ。


やったことがないこと、やってみたいこと。

これを封じたことで、アンドリューも笑えなかった。


男性が気持ちが遠ざかる一番の理由は

目の前にいる女性を笑顔にさせられないとき。


知っていたのに、私はできなかった。

子供を持つという責任感を自分に押し付けたことで

この家族はバラバラになっていたんだ。


この写真の後ろのお兄さんに

「1回目でこれだけ波乗りできたって、すごいぜ、ベイビー」

と言われて、えへん!という気持ちになった。


こんな気持ちになったことも、久しぶりだった。


二人でこの後ランチを食べると

アンドリューが言った。


「子供たちに会いたい。会いにいきたい。」と。


私も心も魂も満足たっぷりになった


「そうだね、行こう!公園で驚かそう!」


そう言って、私たちは車を走らせた。


車の中で聴く曲も、二人でよく聴いていた曲。

結婚式に流した曲。


こんなに必要だったなんて、思わなかった。


それから4日が経ちました。

自分が母親の顔に戻っていくのがわかる。

でも、アンドリューの素晴らしさも心のどこかで感じている妻の私もいる。


お互いが優しい言葉をかけあっているのも感じる。

そして、笑いがもっと増えたのも感じる。


仲良くなったというよりも、

前の関係に戻ったというよりも、

もっと違う場所。もっと深く信頼できる場所に私たちは不時着したと感じる。


Feeling Pain をしたときに、立ち止まって感じること。


感情とは感じるためにあるのだから。

それが痛みだったとき

それを感じないようにすればするほど、辛さが待っている。


あの日、ちょっとなんかおかしいなと感じたこと。

少しずつ、なんかお互いの間で違和感があることを感じたこと。

少しずつ、小さなことでお互いに衝突することが増えてきたことに不快感を感じたこと。


それをちゃんと感じれてよかった。


そしたら、こんな思いもしないところの世界を見れたのだから。


これからも夫婦でデートはしていきたい。

それは、ワガママではなく、必要なことだって分かったから。


モノクロから虹色へ






Comentários


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page