思い通りにいかない日

なんだか思い通りにいかないことが続いた日。


娘が

「マミーパパ、妖精の羽根が欲しいの。」と言ったのは先週のこと。


「どうして?」

と聞くと


「その羽根で、アリゾナに飛んで、お友達に会いたいから」


そう、彼女が仲良くしていたお友達がアリゾナに引っ越してしまった。


引っ越す前に、

日本に7月に帰ることを家族で話していた。


7月4日は独立記念日だから、サンディエゴに戻ってくるというのを聞いて

であれば、それに合わせて誕生日会を開くよ!来れるかい?


そうアンドリューが言って始まった誕生日会。


久しぶりに会える友達に胸を膨らませていた娘。

そして、その娘が喜ぶために奔走するパパ。


そんな毎日を過ごしていたとき、

アンドリューから

「なんか、お腹をパンチされた気持ちがするんだ」と言って

一通のメッセージを見せてくれました。


それは、そのお友達のお母さんから。


「こんにちは!悲しいことに、誕生日会は家族の用事があって、いけないの。

 でも、翌日が空いているなら、会えるわ。」


とのこと。


いやいや、翌日は日本に発つって言ってたのに。