心が暑い夏

幼い1歳児と3歳児の子供がいて、旦那もいて、仕事を日本でする事。

これって可能なのだろうか?と思っていたけど、

はい、可能にしてくれる人、現れました。


ピラティス・ルシアのゆかちゃん。


産後3ヶ月で、今回の私の帰国に向けて、オーガナイズを頑張ってしてくれた凄い人。


彼女の熱い思いで、どれだけの人が動かされてきた事だろうか?




ピラティスのワークショップを行ったのですが、

なんか涙がいっぱいのクラスでした。


私のワークは、厳しいと想います。

なぜか。

それは、その人が避けているところに向き合わさせるからです。


腰が強ければ、腰だけを使う。

肩が強ければ、肩だけを使う。


自分の一部だけを見せて、全部を見せようとしない。


なかった事にする場所が出てくる。

それは体だけではなく、普段の生活でも人間関係でも。


本当は体全部を使って、自分だと表現して良いのに。