娘が斜視?

彼女の左目が少し寄り目になっているのに気づいたのは、本当に最近のことでした。


どうしたんだろう?

そう思いながらも、まあ、成長段階だし、そんなこともあるだろうと様子を見ていました。


でも、ますますおかしい感じがしてきて、

私はアンドリューに言いました。

『ねえ、左目が斜視になり気味なんだけど』


そう言うと、『俺もちょうど昨日それに気づいたんだ』と。



私は早速インテグレイティッド・ヒーリングのセッションを代理で始めました。


彼女が寝ているときに、彼女の代理になると

少ししてから両方の目がみぎに引っ張られる感覚が始まりました。


あああ、こんな状態でいたのか。。。と、彼女の感覚を感じながらとっても心が痛くなりました。


インテグレイティッド・ヒーリングでは

エネルギー調整と潜在意識調整の二つがあります。


エネルギー調整であれば、単純にエネルギーが乱れていたと言うこと。

チャクラのエネルギーなのか、

経絡のエネルギーなのか、

顎関節なのか、

脳の統合なのか。


とにかく

[エネルギーを調整すれば治る]

と言うのが、一般のヒーリングで行われていること。


もう一つは、潜在意識の調整。

潜在意識の調整というのは、すでにプログラミングされてしまっているということ。

エネルギーの流れを良くするだけでは、うまくいかないということ。


例えば、携帯電話のiOSに入っているので、iOSのプログラムを変更する必要があるというものです。


娘の体は、このiOSのプログラムを選んだのですが

その瞬間私は親として、『なぜ?』となりました。


そして、「体のホログラムを完全な状態にする」というのが選ばれて

どの部分かを見ていきました。


すると、、、

選ばれたのは


内分泌系



磁力


これを見て、私は背筋が凍りました。


一瞬にして、ああ、携帯電話だと。


内分泌系であれば、視床下部・脳下垂体が入ってきます。

それが乱れた理由は、ブルーライトです。

ほとんどの人が夜中に携帯を見ると寝れなくなるのではないかと。

それはブルーライトが視床下部・脳下垂体を刺激するから。


磁力はもう、電磁波です。

携帯から出る電磁波。

5Gが出てきて、体に異常をきたすのはわかっていたので

5Gを解除する設定をしていましたが、

それでも携帯電話から発せられる電磁波は2歳の娘には強いのは当たり前です。


修正は、


脳の統合(右脳と左脳のバランスが乱れている)

蝶形骨の修正(脳を支えている骨がずれている)


そして、

矛盾なる信念体系でした。


矛盾なる信念体系?

え?


彼女の中にすでに信念が出てきている??


そう思い、スキャンチャーとから言葉を引っ張ってくると

I don't believe to control my world


と出てきました。


それを見て、あああああ、、、、と納得が行きました。


**********それは先月のこと*******


彼女の自我が芽生えて、言うことに反発をするようになってきた3歳手前。


ハワイで歩いていると、いきなり走り出して、車に危うくぶつかりそうになったのを見て

『もう電話は見せない!!』


そうアンドリューは言いました。


それまで彼女にとって、携帯電話は今日あったこと、去年あったこと、

そう言う思い出を振り返るアルバムでした。


一度携帯を見たら、食い入るように見始めていた娘。



「このとき、こんなことがあったねえ」


そう写真を見ながらお話をする彼女。


私自身、彼女が携帯の中の写真を見て安心する様子を見て、私は携帯電話を見せることに

利点も見出していました