天国気分になる体感クラス



前回の骨盤底筋群を含めたワーク、すごくパワフルで

その後たくさんの方からメッセージをもらいながら

やっぱり骨盤ってすごく大事だなあと感じています。


私自身、この骨盤ワークをすると

とにかく、瞑想の領域に入って、頭がシーンとします。


ボーッとするって思っていたんですけど、

実は、シーンとするっていう静寂な方が表現としては近いかなと。


このシーンとしたときに、

色んな気づきを先人達は受けてきたのではないか?と思うほど。


自分の内側の声を聞く時間。

インテグレイティッド・ヒーリングの創始者のマチルダは


『祈りは神様へ伝える時間。

 瞑想は神様からの声を聞く時間。』


なんて言っていましたけど、

骨盤をワークするとここのゾーンに入りやすいから

やっぱり体感ワークって素晴らしいと自画自賛のクラスでした。


本当に多くの方にこれを体験してほしいし、

こういう風につながることが出来るんだよ、すごくない?


と、シェアしたい気持ちでいっぱいです。



さて、そんな中、とっても素敵なメッセージをいただきましたのでシェアさせていただきます。


『天国気分』と彼女は表現していましたが、まさしく。

本当に、毎回、私もやるたびに天国気分です。


この感想の中にも書いてあるのですが

ほとんどの人が、骨盤を固く硬く固めながら生きています。

それも無意識のうちになので、本人は固めているなんて気が付かないほど。


そして、固く閉めておかないとバラバラになってしまうのではないかという

彼女の感覚は、本当に素晴らしい気づきで

自分の本来持っているしなやかさや柔軟さを信じられないで生きている人って

私も含めて、多いのではないかと。


だから、そこをこんなに固めていたのだと気づくこと、

そして、緩めても私は大丈夫だと体験すること、

そして、そのさきに天国気分が待っていることを経験することって

『自分を信じる』上で、とても大事なことだと思うんです。



私たちは、バラバラにならない。

もっと強い存在で、もっと自由自在の存在だから。


もっと自分のことを心の奥底から信じていい。



そんなことをシェアしてくれる感想文です。


++++++++++++++


先日のクラスありがとうございました!

遅くなりましたが、感想を送ります。

こんなにも少しずつ丁寧にワークしていくんだ!と驚きました。

はじめに仙骨の右側を緩め始めた時に、骨盤がばらばらになってしまうんじゃないかというイメージがふと湧いてきました。

初めてではなく何度か「骨盤がばらばらになりそう」という感覚に憶えがあり、

今回はそうイメージが過った瞬間に、「大丈夫。ばらばらになんてならないから。ボールに体重を預けて大丈夫」って自分で自分をなだめ始めていました。

すると、いずみさんの声が途中耳に入ってこなくなるほど、リラックスしだしました。

骨盤が緩むのが怖いくらい、今までずっと緊張してたのかな?と後から思いました。

左側は打って変わって、どっしり固い。

右側の倍お肉が付いてるようながっちりどっしり感で、緩んでも右側よりはまだ大きい感覚がありました。

右側が繊細な子で、左側がでっかくて頑固な子って印象で、(のび太とジャイアン…?)

どこを解していても、右と左は同じような差がありました。

だけど、最後のワークでボールの上にあぐらになった瞬間!

頭にビビビッと刺激がきて、ふわふわして、思わず気持ちいい〜と声に出して言いました。

顎関節も緩んできて、

いつもカチコチの左腰もふわっとしてきて、

あの時わたしは天国にいました。笑

そのあと!

午後から祖父の一周忌があり、その時も正座からあぐらに変えたら、左右の坐骨がどっしり床に触れている感覚が気持ち良すぎて、また天国気分に笑

後ろから見ていた父が、あいつは座禅しとるんか?と笑うほど綺麗なポジションだったようです。

扁平足の人は骨盤が閉まっている傾向にあるというのは、まさにわたしだ!と思いました。

立っている時は、癖で坐骨を絞めようとする自分がいることに気が付くようになりました。

その度に坐骨同士のスペースを広めにイメージすると踵にどっしり繋がっている感覚があり、グラウンディングの意味を確信したような気がします。

寝ている時には、骨盤の中にまあるいスペースが出来ているのを感じました。