口うるさいエストロゲン


最近、オンラインのインテグレイティッド・ヒーリングのセッションで

20代の女性が増えている。


画面に映る顔が可愛いの。


だけど、気づく内容は深くて、私は20代の時にこんな風に物事を深く考えていたのだろうか?

と思ってしまうほど。


そして、最近のセッションで私は驚くことを発見した。


「私」についてだ。


【うるさい、アドバイスあげたがりのおばさん】になっている。



この業界の仕事をするようになってから(←そんなかっこいい言い方をしてみたかっただけ)

とにかく話を聞き、相手が答えを出すのを待つ


Guiding without guiding

(導くことなくして導く)


という事を大切にするようになり

そのパワフルさに私は、素晴らしさを感じ、そういうコミュニティにも所属し

それがとっても上手になった。


だから、私と話す事で気づきが多いとかいうけど

そういうことよりも、本人が答えを一番知っているから

そこに寄り添うだけでいいのだ。



そのパワフルさを知っているのに、、、、



やかましく轟くごとく、若い子に向かってとやかく口出すのだ。


そして、これは、今に始まったことじゃない。


長女が生まれて1歳を過ぎてからひどくなった気がする。


長女が生まれた時には、なんて声をかけていいのかわからなかった。

幼稚園で歌った覚えがある一つの歌を何度も歌うしかできなかった。


でも、子供がいる生活というのに慣れてきて、

1歳になった時、歩き始めて色々と物を触り出したり、危なっかしい事をし始めたら


口やかましくなった。


先を察して、先回りして言うことも多くなった。


『これは、あかんあかん。触ったらビリビリってするから』

とか


『先にこれを履いた方が、後から楽でしょ?』


とか


『今は、スイカを食べたらダメ!さっき納豆食べて、お腹が痛い痛いになっちゃうから』

とか。


こう書いていると、まあ、子供を守るために仕方がないよね

ってなるけど、

これ、まさしくエストロゲンが本来の力が目覚めてしまって、

子供だけに至らず、そこらじゅうでエストロゲン放射をしてるのだ。


もうこの放射、連射が噴射して止まらない。


見守るってなんでしたっけ。

導かずして導く??

いやいや、待っていられない。



母親のことを、うるさいなーって思っていた時代が長くある。


姉が娘に対してガミガミ言っているのを聴いて

『いっちゃん、あんたも自分の子供を言ったら、こうなるんだからね。』


そう言ったのを思い出す。


今はわかる。


そう、母親がうるさいのではない。


エストロゲンが止まらないのだ。


もう一度、いう。母親がうるさい人間なのではない。


だって、エストロゲンのせいなんだもの。


本当の私は、もっと人が自分で答えを見出すのをサポートできる私なのに!



本能が、、、本能がーーーー!!


口から卵がポンポンと出てくるかのように、

あれやこれやと他人に対しての言葉が出てくる。


これに気づかないと、

旦那は、いつも責められている気になる。

息子は、いつまでたってもジェントルマンに成長しない。

娘は、うるさい、お母さんみたいになりたくないと思うか、お母さんなんて思うかな?と気になって自分の人生を歩めない。



ああ、誰か、このエストロゲンを止めてー



と思いながら、セッションが終わった後に

可愛い20代の女の子に、ベラベラと『女っつーのはね』と力説していた。


そして、心の中で