ママのご飯がまずい件


これ、本当にどうでもいい、私の単純なる悩みなんですけど、


娘が家でご飯を食べないんですよ。


友人が作ったご飯は食べるのに、私が作ったご飯は食べない。


困っちゃう。


そして、食べない日が続き、今日はなんだか元気がない。


昨日作ったチキンスープも我ながらおいしいと思ったけど、食べない。

朝からお腹がすいたの連呼だけど、スイカとかグレープとかしか口にしない。


大丈夫かと心配しつつ、

夕方になってもう体力が残っていないのか、ソファーに横たわりながら

『ママーお腹が空いた』と言うので、

お友達に娘が好きなハンバーグの作り方を聞いた。


何が入っているのか。

どれぐらい時間がかかるのか。


わざわざ彼女が買っているお店に車を走らせて

豚肉と牛肉、そして卵。


これらは私は買ったことがない食品。


でも、娘が大好きなら買ってやるさ。


そして、

私の指はまだ少し切れているので、お水を使うのがとっても痛い。


だから、薄手のグローブをつけて一生懸命

お友達が言う通りに玉ねぎをこれでもかって言うぐらいみじん切りしましたよ。


そして、こねる時に心を込めて、

(どうか娘がおいしいって言って食べますように)、と捏ねましたよ。


そして、炊き立てのご飯とお味噌汁も作りましたよ。


『ご飯ができたよ〜』

もう全てが万全の状態。

ハンバーグ、美味しそう!


そして、娘が『あーい』と言ってテーブルに来て食べました。


ふたくち目で口の中に入れながら

『ママ、もういらない』


『え?!』


(お友達はすごい勢いで食べたって言っていましたけど?)


『なんで?まずい?』

そう聞くと


『うん』


その言葉を聞いた瞬間に

パシン!と

ガラスにボールが当たってガラス全体にヒビが入ったかのように

心が折れました。





その瞬間の顔をみた娘が

『え?ママ?』


もう、娘の顔は見れませんでした。


クゥうううと涙が出てきて、彼女に背中を向けました。


『どうしたの、ママ?』


そう言う彼女に『ママ、悲しい』と言いました。


『ママ、悲しいの?

 大丈夫、たべるよ、食べる』


私は知っています。

彼女が自分の体に合わなけば、たべないと言うこと。

そして、彼女のその選択はいつも正しいと言うこと。


だから『ユーが食べたくないなら、食べる必要はないの。食べなくていいんだよ』


そう言いながら心のバラバラはバラバラと崩れて

涙がそれを明かすかのようにハラハラと流れて。


その時に、アンドリューが入ってきて

『どうしたの?』と。


『まずいって言われた。。。。』


すると彼は娘の横に座って話しかけた。


『ママが悲しいから、食べなさい』

と言うわけでも


『なんで食べないんだ』

と叱るわけでも

なく。



『お芋さん食べるか?』

と娘にかけてる声を背中で聴きながら

私は、鼻水をかんだ。