セルフ筋肉反射テスト クラスについてのご質問


(*講習会中に生徒さんたちがセッションをしているのを見ている一コマ。なんちゅー表情のところを写真に撮ってくれたんだ!スタッフ!と思いつつ、なんかウケるので、投稿)


1週間後に始まるセルフ筋肉反射テストのクラス。


ニューヨークから戻る中で、頭はすでにそちらのクラスについて高速回転中です。


このセルフ筋肉反射テストのクラスのお申し込みが入る中で

質問もいくつか来ています。


その質問が

参加できない日があるのですが、大丈夫でしょうか?というもの。


確かに、週末だもの。

それぞれのお仕事だったり用事があるに違いない。


でも、大丈夫。

動画という近代技術があるではないか!


ということで、クラスの後に動画配信をします。


参加者だけが見られる動画配信。


その動画を送るので、次回のクラス前までに必ず見ておけば大丈夫。


その動画は6月いっぱいは視聴できるようになっていますので

何度でも復習ができます。


Facebookのグループでも、質問ができて答えていくので、

一人で悶々と次のクラスまで悩む必要もないです。


みんなで質問を見れるから、

「おおーなるほど」と他の人の質問から学ぶこともきっと多いはず!



そんな風に企画している

このクラスの流れはこんな感じ。


1回目:筋肉反射テストというツールをお伝えします。


それを3週間みっちり練習をしてもらい、筋肉反射テストに2週間ぐらいで毎日やっていると感覚が掴めて来ます。


それができたら、

2回目から、自分への質問の仕方について詳しく話していきます。


ここからがパワフル。


質問の仕方というのは、

言ってみれば、自分がいつもどういう風に脳内で話しかけているか?ということ。


頭の中がネガティブトークの人の話し方を変えていく方法。

この質問の仕方で、

自分の人生は、何か自分の見えないものでコントロールをされている人生と見るか

自分の人生は、自分が主人公で活躍していく人生と見るか

大きく変わって来ます。


罪悪感を感じている人や自己嫌悪を感じている人などの質問の仕方って

同じような特徴がある。

だから、自己内観をしますって言っても

全然、自分にダメ出しばかりして、何にもいいことがない。


だから、筋肉反射テストを使って、言ってみれば

自分への関わり方を変えていくことをしていきます。


それができた先には、

ようやくメッセージを受け取るということができます。


メッセージを受け取るってね、

言ってみれば、一番大切な人(自分)から素敵な大きな花束をもらうということ。


多分だけど、


多くの人って、その大きな花束を


「自分はそんなことを言ってもらえる価値ないし」

とか


「こんな仰々しいものもらっても困るし」

とか


「はいはい、時期が来たらね」

とかで


「そんなうまいこと言っちゃって」


とか言って


素直に受け取らない。


そのくせ、

「私はどうしたらいいの?」って毎回嘆いていたりする。


ま、これ、過去の私なんですけど。



だから、まずは、受け取れるように2回目で質問の仕方から

自分への問いかけを変えていった上で、

3回目からようやくメッセージをもらっていく。


その中でも、ハイヤーセルフっていう言葉についてを3回目から話していく予定です。


ハイヤーセルフっていうのをネットで調べると

守護霊様的なレベルで話が出てくるんだけど、私はそういうスピリチュアルとは違うと思っていて。


もっともっと、

現実的な自分の生き方に根差したことを話そうと思っています。