セルフ・キンハン・オンラインクラス

先月からスタートした四回コースの自分で自分の筋肉反射テストが取れるというオンラインクラス。


約60名ほどの方が参加してくださり、

プライベートのFacebookグループでもたくさんの質問や感想をいただけて

とても嬉しい限りです。


さて、今日、その参加者の一人の方がピラティスのプライベートレッスンへ

来てくれました。


その時に「ねえねえ、筋肉の反応が逆なの」と。


本当は前に行くはずの体が後ろに行ってしまうということ。

みていてもそれがわかりました。


スイッチングという方法で、直すことをクラスで行ったのでそれをチェックします。


それでも、筋肉の反応は前ではなく後ろに行ってしまう。


ふむ。。。

彼女に不必要なエネルギーがついているかを見ると、そこに反応があったので

すぐにクリアに。


そして、彼女に

「私のエネルギーフィールドはいつでも最高最善です」

と宣言してもらい、

筋肉が正常な反応を示すかチェック。


直ってにゃい 泣


通常はクライアントさんにすることですが

彼女に「自分にヒーリングすることを許可する」というのがオッケーではないのかもしれない

と伝えました。


「えええーよくなりたいよー」といいますが、、、


大体、話し方でその人の心からの声か、頭からの声かがなんとなく感じます。


ヒーリングって悪いところを治すイメージがあるけど

そうじゃない。


ヒーリングは自分の全てを丸ごと愛するっていうこと。


自分が見ないように、認めないように切り捨ててきた部分を

もう一度自分の一部として取り戻してあげることをヒーリングと呼びます。


彼女にヒーリングの許可がないのであれば

きっと彼女の中で見ないようにしている部分があるのだろうと。


こんな私はだめ。

あの時の私は思い出さない。

私の人生のここの部分は蓋をしてみないようにする。


など。




彼女が自分の名前を言うと、本来なら体が前に行くはずが

後ろに行く。。。。。


そして、真実であれば、前に体は動くようになっているから、

この反応は何を、彼女に伝えようとしているのだろう??



彼女はすごく疲れていると言うので

ピラティスではなく、ヤムナボディローリングで体をほぐしていくことにしました。


彼女の体に触れながら

いろんな話をしながら、

彼女が要所要所で自分のことを話し始めました。


「なんかね、ピアノとか、バレエとか、やってるんだけどね。。。」


「達成することが目的になってしまっている感じ?」


「いずみちゃんも、昔そうだったから、この達成したいって気持ちがわかるでしょ?」


「もう、忘れちゃったよ。達成しないと自分を認められないことが苦しかったことしか覚えていないよ」


「そっかー」



そんな風に彼女は少しずつ自分のことを話し始めてくれた。



「最近、ピラティスにね、すごく拒否があるの」


「そうか、どんな風に?」


「うーん、、、できないことが嫌なんだと思う」


「そうか、以前は、できないことにも興味とかあったのに、おかしいねえ」


「私ね、貝のように閉じちゃうところがあるんだ。」