top of page

どう言う意味?

(*家族でパックマンをやっています)




私は、精神世界は、リアリティに繋がっていなければ、ただの妄想だと思っています。


そして、私は、今、この瞬間を大好きな大切な人と素晴らしい時間を過ごすことが可能になるために精神世界について

自分の中に取り入れてワークをすることが大事だと信じています。


書いたブログについて、もう少し、詳しく教えてくださいと言うコメントをいただきました。



うんと、、、、

精神世界というのは、スピリチュアルのワークだと思っています。


前回出した聖フランシスコの文章の全てがこちらなんですが、


主よ、私を平和の道具にしてください


憎しみのあるところに愛を


分裂には一致を


疑いには信仰を


誤りのあるところには真理を


絶望には希望を


悲しみには喜びを


闇には光を もたらすように、


助け、導いてくださいまた、


慰められるより慰めることを


理解されるより理解することを


愛されるより愛することを 望ませてください


お互いに与えあい、赦しあい、日々自分に死ぬことによって、永遠に生きることを悟らせてくださいアーメン



この中の


憎しみのあるところに愛を

分裂には一致を

疑いには信仰を

誤りのあるところには真理を

絶望には希望を

悲しみには喜びを

闇には光を もたらすように、助け、導いてください


この部分は私はスピリチュアルなワークだと思っています。


例えば、憎しみがあるところに愛をについて。


「この人の、話し方なんかむかつくわー」



って思ったとします。


そう思った瞬間に、その人の話は聞けなくなります。

聞けば聞くほど、自分の中に不快感が増していきます。


でも、もしかしたら、その話は自分にとって素晴らしいアイディアや笑いに導くかもしれない話かもしれない。


だけど、自分の中の何かがトリガーされて、相手のことをムカつく時間で終わってしまうわけです。


すると、憎しみがあるところに愛をって聞いて「はいはい、じゃあ、目の前の人を愛せばいいんでしょ」って思うと思うかもしれないんですけど、そうではなくて、目の前の人を愛するっていうのは最後の結論でいいと思っています。


それよりも、まず、

その人の話し方がムカつくと感じた自分を見てあげる。


きっとそれは今まで生きてきた中で、ムカつくと感じないといけない出来事なのか、信念なのかを持ったから。



私の話で言うと、

ある人が、すごくムカつく話し方だったんです。


なんかイライラするー


って思っていて。


「俺様」的な。


なんであんたの言うことが全部正しい前提で話しているわけ???


みたいな。


でも、これを、昔付き合っていた彼にシェアした時、「へー自信があって気持ちがいいね」って言う反応だったんです。


「え?もう、そう言うことを言いたいんじゃなくて!!!」ってまた憤る私。


すると

「その彼女を見て、君のどの傷が疼くの?」と聞かれたんです。


「私のせいじゃなくて、あいつの話し方がムカつくんだよ!!!」


と言ってた私。


「それは、君のスピリットのワークで、相手を変えることじゃないんじゃない?」と。



そこで、憎しみがある私の感情に、何があったのか?と言う愛を与える作業をするわけです。


当時の私は、勝ち負けにすごくこだわっていました。


相手が正しいと、自分が負けてしまうって思っていたんです。


いつも女子のグループでは、正しい子がいて、その子に従わなければいけなかった。

「自分が正しくないと、私は負けで、負けた私は従わざるを得ない」と言うストーリーの中で生きていた。


そこの概念が変わった時、


つまり、

相手の意見もいいし、

私の意見も素晴らしい


と言う概念になった時、

相手の話をふーん、ああ、そう言う考え方もあるかもね


と言うふうに、そのあと顔を合わせてから、聞けるようになったんです。


つまり、冒頭の質問であった


「私は、精神世界は、リアリティに繋がっていなければ、ただの妄想だと思っています。とはどう言う意味?」


とは、


自分の中にざわつくものがあったら、まずはそこを見てあげることがスピリチュアルワークであり、

そこを見てケアした時に、現実社会で自分の対応に変化が起きている。


自分の実生活が、幸せのベクトルに変化をしていなければ、

それはただの頭の中の世界に過ぎないと私は思っていると言うことです。


そして、スピリチュアルワークをすることで


聖フランシスコの


また、慰められるより慰めることを

理解されるより理解することを

愛されるより愛することを 望ませてください


と言う自分が主体的に行動するところ(現実)へと変わっていくのだと。


その先に


お互いに与えあい、赦しあい、日々自分に死ぬことによって、永遠に生きることを悟らせてください


と言うように、

日々、自分の中の中に起きた不快感を通じて、それを持ち続けなければいけなかった自分を手放して(日々自分に死ぬことによって)スピリットが自由に人を愛して生きることをしていきたいねーって、まあスピリットは死ぬことはないからね、みたいなことをお祈りしているのだと思います。



だから、スピリチュアルワークとは、自分の今、直面している世界(会社、学校、親子関係、友人関係、夫婦関係など)を心地よい方向に変えることであると私は信じています。


って、なんか、気難しい話をした気がしますが、

こんなブログもたまにいっか。


そのスピリチュアルワークをして、現実の自分の在り方を変えるI Hのイベント。

Heal My Life 。今週末です!お申し込みはこちら(多分、まだ数席残っているはず)



モノクロから虹色へ

Comentarios


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags