ああ、家族旅行

昨日の夜23時過ぎに家族旅行から戻ってきました。


アンドリューと私が初めて旅行した場所であるハワイに行ってきたのですが

7年前の自分たちの関係と、今の幼い子供が二人いる関係では

驚くほど状況が違いました。


それでも子供が海を見てはしゃぐ姿を見るのは、やっぱり嬉しくて

家族でやることや時間が限られているけど、

身体中がしんどいけど、

それでも行ってよかったなと思いました。


今度行くときは、子供が大きくなってから、

もしくは夫婦二人で行きたい。


今回は私の備忘録ですので、なーんの学びも気づきのシェアもありませんが

お付き合いいただけたら嬉しいです。


ハワイでの時間、何が大変かといえばタイムマネージメント。


ハワイで、ぼーっとのんびり過ごせばいいじゃない。


それは、単身か、カップルか、もしくは、子供がある程度大きい人のコメントであり、

この二人のチビ猿を抱えていくと

お昼寝という体のシステムが入ってくるわけです。


いつもと違う状況で寝にくいのか、

いつもと違う状況で興奮しすぎているのか。


まあ、それでも私たち夫婦は、流れに乗ってやり切ったわけです。


そして、最後にやっぱり気持ちよかった谷でちょっと気持ちを落ち着かせてから

空港へ向かおう。


そう思っていたら、時間はどんどんすぎていき

やばいやばい!と言いながら空港へ向かいました。


「忙」しいは「心を亡くす」と書きますけど、まさにその通り。



車を降りたら、まず娘の靴が見当たらない。


『どこに置いてきたの??』

と聞くと

『知らない』

という。


どこを見渡してもない。


もうしょーがない!

抱き抱えてチェックインカウンターへ。


すると荷物が1キロ超しているという。


ええええーと大きなスーツケースから中のものを取り出す。

その中の一つが、カリフォルニアからわざわざ持っていったガラスの容器。


そして、チェックインが終わると、長女がうんこしたいという。


彼女のうんこが始まったら長い。

彼女の中でうんこの儀式がある。

まず、ひとりになってどこかの陰に隠れる。

そして、そこで一人で歌を歌いながら、うんこのメンタルゾーンに入る。


それを邪魔してはならない。

焦らせてもならない。


なんとか彼女のうんこが終わり、

『やったーまま、うんこしたよ!』という。


そこにアンドリューからの連絡で

『検問のラインがすごく長い。間に合うかわからん』という。


そして、私たちは、急げーとそちらへ向かう途中に

ガラスの器が鞄から落ちて割れる。


靴をどこかへ忘れた娘が『あーガラスだ!』と近寄る。

ちょっと待てー!と抱き抱える。

そのとき、次女の赤ちゃんは私の背中におんぶをしている状態。


空港で働くおじさんがきて、片付けをする人を呼んでる。


よっしゃ、ここで必殺女のなでごえ作戦で言ってみる。


『すみません、もう飛行機に乗る時間が15分後なのですが、

 なんとかなりませんか?』


もっと女っぽい声が出るかと思いきや

連日の『コラー!触るな!いくな!とまれ!』という長女への声がけで

しゃがれた酒焼けのおばさんのような声になってしまった。


『無理です』

そう言われて、仕方がねえ!と長蛇の列に並んでいるアンドリューのところへいく。



そして、ようやくアンドリューに会って、こりゃやばいねえと言い続けると

娘が抱っこといった。


抱っこをすると、むにゅっと変な感覚がする。


パッと彼女を抱えた自分の腕を見ると、茶色いうんこがべったりと

手のひらから私の肘までを覆っていた。


アンドリュー!!!!


そうやって見せると、『Oh Shit! 』と言った。


すると後ろにならんでいた男性が

『急いでいる時ってこういうことが起こるんだよね』と言った。