母になる事の選択

(*ゲイパレードに参加した後。レインボーカラーで綺麗だった。) 昨日、友人が遊びに来てくれた。 アンドリューの友人のゲイのカップル。 先週の土曜日にゲイパレードがあって、彼がパレードに出るというので 応援も兼ねて彼を観に行って来た。 そして、彼らがうちの家に来てくれた夕方、外のパティオで4人で話をした。 ソファに座りながら、 あれやこれやと話をしていく中で 1人の女性のカラダを持って産まれた男性の話をしてくれた。 『僕の友人が、妊娠したんだよ。 それまで、テステストロンを入れて、 男性のカラダに極力近い様に何年もしていたけど、彼のカラダは妊娠したんだ。 そして、今は、美しい女の子が産まれてもう4歳になるんじゃないかな』 それを聞いて、ふと思った。 彼、どんな気持ちだったんだろう。 ずっと、自分が女性で産まれて来た事に混乱を感じていたはず。 男性になりたいと、自分の体のホルモンを一切止めようとテストステロンを 大量に服用していたと。 それでも、彼のカラダは、妊娠する事をした。 妊娠をするにあたって、女性ホルモンが大量に出て来る。 ぺちゃんこにしたかった胸も膨らむ。 その胸から赤ちゃんに栄養を与える乳が出て来る。 女性と男性の決定的な違いは、 赤ちゃんを産むシステムがあるかないかだ。 男性でありたかった彼は、 その女性の決定的なシステムの極限を全身で10ヶ月感じる事になった。 妊娠をすると、表情も柔和になって来る。 カラダの丸みも普段以上に帯びて来る。 筋肉なぞなくなり、その代わりしなやかな体つきになって来る。 どれだけテストステロンを投与しようとも、 神様は彼に、女性のカラダの極

恥骨ノック

今朝、目が覚めて、いつも通りトイレに行った。 目が覚める数分前に、 骨盤が開く感覚、そしておしっこを大量に漏らす感覚という夢を見た。 なんか骨盤が話しかけているなあと思って、 尿を終えた後のトイレットペーパーをふと見ると、ピンク色の血が付いてた。 『アンドリューーーー!』 トイレから騒ぐ私に、大急ぎで駆け寄る彼。 『見てみて!!これ見て!』 と言ってトイレットペーパーを見せると、 『おおお〜これがミューカスプラグか!』と。 ミューカスプラグ、つまり、おしるしが出て来た事に興奮する私。 来た〜!!! 子宮口を塞いでいる栓の様なものがあって、 子宮が赤ちゃんを出す前にそれを排除する時、 それが血となって出て来る、それを「おしるし」と言うらしい。 おしるしが出てすぐに出産が始まる人もいれば おしるしが出て数日後に出産が始まる人もいると先生が言ってた。 そして、おしるしが出ずに出産を迎える人がいるとも。 ほうほう。 これね、これね。これがおしるしね。 そして、その日一日中、膣から少量の血が出続けた。 ひっさしぶりに血が膣から出る。 自分の全神経が膣に集中するのが分かる。 でも、陣痛はまだ始まっていない。 出産クラスBradly Method®のライザが言ってた。 陣痛が始まっても定期的に来ていないなら、 寝なさい、食べなさい、運動しなさい、水のみなさいって。 ドリフみたい。 だから、私はヨガに行き、ハイキングに行く事にした。 日曜日の朝のヨガはゆっくりとしていて、ギターを持って来て歌う先生のヨガ。 とても心地が良い。 臨月で体を動かして大丈夫?ッて言われるけど、 いやいや、カラダを動か

天使が待っている

朝、目が覚めたら友達のステファニーから送られて来た一枚のカードとメッセージ。 以下カードの訳 赤ちゃんが神様に聞きました。 ”皆が私を明日地球に送るッて言うんだ。でも、こんなに小さくてこんなに何も出来ない存在でどうやって生きて行けばいいの?” 神様は言いました。 ”君の天使が君を待っているよ。そして、その天使は、君の事を面倒見るよ” 赤ちゃんは尋ねました。 ”誰が私を守ってくれるの???” 神様は言いました。 ”君の天使が、例え彼女の人生を危険にさらしたとしても君を守ってくれるよ” 赤ちゃんが言いました。 ”神様、どうか、私の天使の名前を教えて下さい。” 神様は言いました。 ”単に彼女の事をマミー(お母さん)って呼べば良いんだよ” 朝、このメッセージを読んだあと、アンドリューにも読んでもらった。 眼に一杯の涙をためて、『so beautiful』と言う彼を見て、 私の目からも涙が溢れた。 『彼女に何があっても一緒に守る。』 そう言って、彼がお腹の赤ちゃんにキスをした。 『もちろん、身を守る事も大切だろうね。 私は、この自分の身を危険にさらしたとしてもッて言うのって、 今で言う所の親の自分が今まで体験した事がない事も敢えてするッて言うのも きっとリスクを冒すってことだと思うんだ。 そう考えると、新しい世界が待っているね。』 そんな風に迎えた朝。 そして、カードを読んだ後ふと思いだした事があった。 幼稚園に通っていた時、 担任の先生の事を間違えて『お母さん』ってよんだ事があった。 あ、間違えたって思ったけど、それを何度か繰り返してしまっていた自分もいた。 お教室に通っていた時も、

Visualization

新月の金曜日。 太陽と月となんかの星が一直線になるパワフルな時だから、 その時に赤ちゃんが来るんじゃないかしら? そんな風に、卑弥呼の時代の様な神秘的な言葉を沢山頂き 私も満を持しての出産の心持ち。 ああああー下っ腹がまるでキューピーマヨネーズの新品を 一回スクイーズしただけで全部を出そうとするかのごとく きゅううううううううううううううううううううううう と締めつけられる感覚がある。 あああああー潮が満ちているのか引いているのか分からないけど、 潮?月?何かの引力によって私の子宮がぁ〜引っ張られルゥう と ベッドに横になる事1時間。 このまま、陣痛に突入か?と思った所で、トイレに駆け込む。 『ああああ、おしるしという血が出てくるのね。そうなのね。』 満を持して、便器を覗き込むけど、そこあるのは、うんち。 ああああー全然思っていたものと違う!!! 『違った〜、アンドリュー。うんこだった〜』 とガックリしてトイレから出て行くと アンドリューが『ロベルトの誕生日だから電話をしよう!』と言う。 電話でハッピーバースデーを歌うと、照れながらも彼が言った。 『ありがとう。 ねえ、出産のビジュアリゼーションを一緒にしようよ!』と ロベルトが提案した。 そして、全員で眼を閉じてロベルトから始まった。 『じゃあ、僕から行くね。 うーん、僕が今見えるのは、いずみが光に包まれているところ。 その光がいずみを誘導しながら、赤ちゃんを外へと運んでくれる。 光の中で、赤ちゃんがカラダからスルリと出て来て、愛に包まれてるんだ。 いずみを取り巻くチームが全員その瞬間に畏敬の念で一杯になる。 あああーそんなイ

ゾーンに入る許可

さて、出産予定日。 統計によると出産予定日にうまれる確率は5%で、 出産予定日プラス5日で産まれる確率は50%とのこと。 ふむふむ。 ま、この子のタイミングがあるんやろ。 たまに、 おおおおおー下っ腹が痛い!!!陣痛じゃ!!!と 武田信玄並みに旗をふって丘を駆け下りたくなるものの 下っ腹が痛いと感じた10分後に 『なんだ、うんこしたかっただけか。。。』と杞憂に終わるここ数日。 ただ、午後になると眠気が酷かった私。 3〜4時間は昼寝をしないとカラダがもたない。 こんなにフラフラで出産の体力持つのだろうか? と少し不安になるほど、 座っていられなかったり、横になっていないとしんどかったり。 するとポーラから 『貧血気味の検査結果が出たわ。鉄分を取ってちょうだい』 と連絡が。 その日の晩に、すぐに鉄分のサプリを買いに行き、 沢山ある中から筋肉反射テストでどのブランドが自分に合うのかを選び 何粒取るのかも筋肉反射テストで選び、摂って寝ました。 すると、あら不思議。 翌日は、午後もぴんぴん。夜はぐっすり睡眠。 筋肉反射テストを知っているって、本当に便利。 今日のDr.キャップの検査で 『全てパーフェクト。 一つ伝えておくよ。 出産のとき、目隠しをしてヘッドフォンで自分が好きなトランス状態に入る音楽を 聞いて誰が部屋に入って来ても気付かない状態にしておくんだよ。 僕は、今まで、女性が自分のゾーンに入って、 他人の目を気にせずにあっちの世界に行っちゃったんじゃないかと言う女性を 沢山見て来た。 彼女達は自分の感覚に忠実で、周りの反応を気にせずに 自分の世界に入っていてね、そう言う時は、自分の

心から出る言葉

(*お友達の針灸師の直子ちゃんからせんねん灸を頂き、 妊娠出産に良いツボに毎日お灸をすえています。アンドリューも一緒に。 ちなみに膝毛がアンドリューです。) 暑い暑い毎日。 汗をじっとりとかいていく夏が来た感じ。 体温がとにかく高い私は、35°と言われても体感温度45°ぐらいに煮沸している。 あまりにも暑いので アンドリューは一階のベッドで寝る事にして、私はいつも通り2階の寝室で寝ている。 ただ、今朝明け方の3時半頃、アンドリューが二階のベッドに入って来た。 私もちょうどトイレに行った後で、うっすら目が覚めている感じだったので 『どうしたの?』と聞くと 『いや、ここ最近一緒にいれなくて、なんか淋しいなって思って。』 そう言う彼。 snuggleしたいと彼がいうので、45°の私のカラダは暑いけど、snuggle した。 彼は、30分位すると安心した様で、寝息を立て始めた。 そんな彼を意識の遠くで聞きながら 私もまた深い眠りに落ちていった。 朝目が覚めて、ふと振り返った。 きっと、淋しいなと言う彼に対して、昔の私だったら 『何言ってんの?男のくせに』 と、言葉尻をとったり、ジャッジしたり、否定したりしてたかもしれない。 もしくは 『最近一緒にいれないって言うけど、一昨日2人でビーチ行ったばかりじゃない』 と、理論で返した私もいたかもしれない。 その上 『ちゃんとしてよ、これからお父さんになるんだから。全く頼りないわね』 なんて上から目線で話していたかもしれない。 でも、これらの言葉は私の本音から出て来たというよりも そう言う状況の時にこういう事を言っている場面を、テレビのホームドラ

未来の手紙

(*今の私を表現するのであれば、みずみずしいスイカを運んでいる気持ち、、、 と言っていたら、本当にそんな写真になってしまった。) 4th trimesterという時期が有ると言う。 1st trimester (0−3ヶ月)悪阻時期 2nd trimester (3−6ヶ月)安定期 3rd trimester (6−9ヶ月)何期かは分からないけど、出産に向かってゴーの時期? 4th trimester (産後3ヶ月) 赤ちゃんがうまれてから後の3ヶ月間の事を指すようだ。 この3ヶ月がとても大切だと言う。 赤ちゃんにとっても、母親にとっても、父親にとっても。 今までマヤ文明マッサージをして来てこの産後3か月で 女性が混乱し、夫婦関係が一変し、離婚の危機に面する場面を何度も見て来た。 きっと、私達もそうなるかもしれない。 だから、4th trimesterをどう過ごすのかの本を読んで準備をしている。 その本の中に書いてあってお互いに手紙を書いて想いを伝えるというのがあった。 以下抜粋 New momから私のパートナーへ 私はどう説明していいか分からない感覚や感情を多くのレベルで沢山経験しているの。 もしも私が泣いていたとしても、何か問題がある訳ではないかもしれない。 わたし自身が何で泣いているのかすら、分からない時もあるのかも。 そんな時は単に私を抱きしめて、そして、全部がうまく行くから大丈夫だよとささやいて欲しい。 もしも、何がどううまく行くのか具体的に分からなかったとしてもね。 そして、昔の私の様に戻れない私に少し時間を下さい。その代わり、毎日の今の私を知ろうとして欲しい。そし

愛とは選択である

クワガタの歯の様に、足がガニ股で閉じない私のカラダ。 座っていた所から立ち上がっての初めの数歩、 寝ていた所から起き上がっての初めの数歩、 いてぇいてぇと言いながら、えっちらおっちら歩く私。 重力とはこんなにもしんどいものなのかと、感じる毎日。 後4日で出産予定日を控えて、 お腹はせり出し、トイレも近くなり、眠気も半端ない。 カラダはずっと火照っていて、ホテイトモヤスだぜってアンドリューに言うが さすがに分かってもらえない。 恥骨が、恥骨が、、、、と言いながらも お腹をまだまだ元気一杯にぼこぼこ蹴るお腹の中の赤ちゃん。 肋骨やら、右の骨盤やら、 たまに地団駄を踏んでいるのか?という位、連続の蹴りが続くと こちらも交渉をしないとイケナイと思い 『あかさん、ちょっとイタイでっせ。』と話しかける。 Dr.キャップが今日の診断で 『よし!赤ちゃんはちゃんと骨盤の方を向いているし、出産準備万端だ!』 と超音波を見ながら、教えてくれた。 苦しくて仕方がない。 1週間前とは明らかに違う変化だ。 1ヶ月前なんて、お腹が出ていても余裕だった。 この変化っぷりに驚く。 この変化の渦の中、ふと、自分の妊娠期間を振り返って思う事は、 『変化に対しての強さと柔軟さ』 をもった事だと今になって思う。 アンドリューと結婚する前の自分は、 自分に対して起こる事は全部自分の都合の良い様にしか起こって欲しくなくて コントロールすることに一生懸命だった。 だから、単調な毎日で、つまらないと言いながら、 結局は、変化を起こさない様にしていたのは自分だったのかもしれない。 単に変化が怖かっただけ。 変化をする事で、自分

Have Faith in Myself

(”時には、プリンセスでありながら、ダースベーダーにならないといけない時もある。” 自分が欲しいものを手に入れる時には、それを阻むものに向き合って解決していく強さを求められることがある。そんな意味で捉えたこの写真。インテグレイティッドヒーリングの創始者のマチルダから送られてきました。) メルトダウン(ブログ)して泣いた後、 私は自分にインテグレイティッドヒーリング(IH)のセッションをしていました。 そこで私の体が合わせた周波数は『 Have Faith in myself』 でした。 自分への忠誠心、自分は大丈夫だと心から信じること。 そのために、絶対に犠牲者にはならないと選択をすること。 そして、 その為に、しばしば自分の内側と闘い乗り越えないといけない事があること。 あと、どれ位私は自分にfaithを保てば良いの?と少し天を睨みつけたほどでした。 それでも、自分が失いかけていたfaithを取戻すパワフルなセッションでした。 そして、その翌日に私は、そのfaithを持つ意味が分かりました。 昨日は、ドクターと助産婦の両方の面会がありました。 10時45分からドクターとの面会。 12時45分から助産婦との面会。 この1日で私の出産方法は決まるのだと私にとってはビッグデイでした。 朝、ドクターに会いにいくと、いつも通りアップビートで 『どうよ!』と聞いてくる彼。 朝2つのお産を終えたようで、待合室はギュウギュウだったけど 彼にとっては、そのお産がパワフルだったようでとても陽気な様子。 お腹にエコーを当てて、赤ちゃんの場所をチェックするなかで 『ちゃんと骨盤に収まってる。 羊水も

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook - Black Circle

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”