パニックになる根源

諸悪の根源は『scarcity』だと最近思う。 いわゆる『足りない』というやつだ 十分ではない、ともいったりする。 英語でいうとnot enoughなのだけど、 私はこれをこのクラスを教えることですごく実感している。 私は、時間が足りないといって、 本当に大切なことを後回しにしている人を何人も目撃して来た。 ヤバイヤバイと気持ちだけが焦って、何も実際手についていない人。 お金が足りないといって、 本当に大切なことを後回しにしている人も目撃したことがある。 金を奪われないことに一生懸命になって、自分の本当の姿を忘れたチャージミスをしたウェイトレスに怒鳴っている人。 愛されていないといって 本当に大切にしていることを後回しにしている人も目撃したことがある。 男性とカラダのつながりを持つことで愛情を受け取っていると勘違いしている不倫している女性。 知識が足りないといって 本当に大切にしていることを後回しにしている人も目撃したことがある。 知識をひけらかしてアドバイスをたくさんして、本当に相手が必要としていることに気づけないでいる。 髪の毛が足りないといって 本当に大切にしていることを後回しにしている人も目撃したことがある。 写真を見ても自分の髪の毛に先に目がいって、隣に写っている子供がすごく楽しそうに笑っている姿に気づけないでいる男性。 一緒に楽しめる友達が足りないといって 本当に大切にしていることを後回しにしている人を目撃したこともある。 目の前で会話している友達の話よりも、他の人のグループの笑い声が気になって 集中していない人。 こうやって足りない、足りない、足りない っていって

IH基礎クラスを終えて

今回のクラスは 我ながらかなりのヒットのロケーションだったと自画自賛が止まらない。 環境が人を作るとはよく言ったもので この海辺に面した一軒家でのセッションという環境と、 とにかくピュアなエネルギーを持った人が集まっているという環境とか このヒーリングをされて変化していく私たちを作り上げている感じが止まらない。 クラスの始まりは、いつも緊張をします。 私も、生徒さんも。未来が未知数だから。 でも一つだけ毎回やるたびに確信していくことがあります。 それは、私のところに来る人は『絶対に大丈夫』ということ。 全てのあらゆる面において、私は絶対に大丈夫だと信じています。 そうすることによって、私がかつて持っていた、私が 『導かないといけない』というクソのようなエゴが外れて 生徒さん達でちゃんとヒーリングが深いところに到達をしていきます。 今回もそんな場面がたくさんありました。 クラスが午後に入って全てのツールを手に入れた生徒さん達が、 ちゃっちゃとセッションをしていく姿は、午前中には思いもよらなかった形であり、 そして、 私がボーッとしている間に 『すごーい!』 とか 『えええええー熱いいいいいい!!!!』 とか 『なんで〜〜〜??!!!』 とか そんな言葉があちらこちらから聞こえてきます。 それが、 大袈裟なのではなく、ボソッという声がなんともまたリアルでゾクゾクしちゃいます。 そうそう、誰でも誰かが癒える場所に立ち会えて、 誰でも誰かのエネルギーのサポートによって自分の本当の力を取り戻すことができる。 私が泣きそうになってしまった一枚がこちら。 美しいぜ。。。。。 自分へのメッセー

インテグレーテッドヒーリングコース いよいよ

お久しブリーフのブログです。 バリから帰って来て、 あっという間にインテグレイティッドヒーリング(通称IH)の講座がいよいよ明日から始まります。 普段のクライアントさんだけではなく、 その間にヤムナボディローリングのワークショップをサンタモニカで行い、 IH基礎クラスの一日クラスも行いました。 たくさんブログで伝えたいことがマウンテンマウンテン(山々)なのに(←古いのは百も承知) デスクに座ってブログを書く時間はなく、 仕事と家庭の合間に、IHの準備を進めて来ました。 毎年、その準備の多さに目眩がしてしまうけど、いざ明日となると肚も座ってくるもんです。 教科書のやり取りを印刷業者として、 ようやく教科書が届き、一つずつ検品し、数を確認し、 コースが行われる家の方では、生徒さんが到着する前にトラックでマッサージテーブルを全部運び、 トラックの返却をしたあと、家の確認をして、生徒さんのお迎えをアシスタントをしてくれるのんちゃんにお願いをしたまま、その足で買い出しに走り回り、プリンターが壊れて、友人に修理をお願いしたり。 さて、今回は一軒家を海の前に借りました。 奮発するとは、このこと。 ずっと海の前で講習会をしたいという思いがあって、 かなり昔から探し続けていました。 色々と歩き回り、サンディエゴの海岸沿いの家はたくさん歩き回って見ました。 10名以上入れる家はなかなか難しく、 金額もお手頃で、一人一人ちゃんと自分のベッドで寝て休める空間はないか?と 探し回って見つけたやっとの場所です。 明日はみんな海を見ながら、日当たりの良いリビングルームでヒーリングをします。 ああああああ〜

バリ島から帰って来ました

たくさんの収穫を得て帰って来た今回の旅。 久しぶりに生徒という立場で、 自分が普段後回しにしていた自分の癖をまじまじと顕微鏡で見る作業を 今回はしようと決めてバリ島に向かいました。 今回のクラスはタントリックヨガと言って、自分のセクシャリティをエクスプロアする内容でした。 ◉卵巣とつながる呼吸 ◉おっぱいマッサージ ◉膣のワーク ◉呼吸のワーク などなど 裸になって自分のカラダについて学ぶ機会については何度となく受けてきましたが ここまで自分の子宮や膣に対してずっとアテンションを注ぎ、手で触り、エクスプロアした時間はなかったかと思います。 ブログに書くのははばかられる内容ばかりですので、 今月のニュースレターでシェアさせていただけたらと思います。 (ニュースレターをご希望の方はこちら)←お名前をフルネームで教えてください。*また携帯電話のauやドコモですと届かない場合がございますので、パソコンのメイルを出来ましたらご登録くださいませ。 セクシャリティがあることによって、私はこの世に生まれてきたけれども セクシャリティというのは、 プレゼンテーションの仕方によっては、下品にもなり得ます。 逆に、下品にプレゼンテーションすることを目にすることが多いかもしれない。 上品にセクシャリティをプレゼンテーションしている人って、 今まで見たことがないというのが私の経験です。 (私がセクシャリティに対して、セクシャリティが上品ではないというのが大いに入っているため) 極論をいうと、 例えば、外を歩いていて、アパートから女の人の喘ぎ声が聞こえた時に、 それを上品だなあと思うよりも、自動的に眉をひ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook - Black Circle

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”