PMSと向き合って

前回の続き 生理のクラスでPMSと向き合う事をした時に、ペアワークをしてもらいました。 私は全ての女性が、人のココロとつながりヒーリングする能力を持っていると信じています。 つまり、全ての女性がサイキックだと。 あとは、安心感を持って自分を出す場を提供するだけで、 この能力はその人のペースに合わせて出てくる感じがしています。 さて、そんな中、クラスの中で一人だけ気になる方(以下Bちゃんとします)が いらっしゃいました。 メイルのやり取りでこのクラスの参加を聞いた時には、 とっても可愛らしくてルンルンした感じだったのに、クラスに来てからは、無表情な感じ。 楽しくないのかな、この和気あいあいとした感じに乗れないのかな。 そんな心配がよぎりますが、心配がいい結果を生んだ試しが無いので、 『絶対に何かBちゃんは得て帰るって信じてるし、 きっと他の参加者の女性がどうにかしてくれるだろうから、まかせちゃおーっと』 と丸投げ。 すると、ペアワークの時に、Bちゃんの周りがふと明るくなった様な、 軽くなった様な感じがしました。 ペアワークが終わって、 『何か、シェアする事ありますか?』と聞くと Bちゃんとペアを組んでいた方が 『きっとシェアした方がいいかもって』と 彼女の背中を押しました。 無表情だった彼女が何か一枚の皮が剥けた様になって、みんなの前で話をし始めた時 表情が柔らかく、涙に言葉を詰まらせている姿で、何か変わったんだって感じました。 そのBちゃんから、後日メイルが届きました。 あの日○○さんとペアワークしたの覚えてますか? あの時気付いたのは、この人に気に入られたい、この人の1番にな

生理についてのクラス

7月に帰国した時に生理についてのクラスを行いました。 このクラスは、子宮の4日間のスピンオフのクラスで作りました。 子宮の4日間のクラスは、カラダとココロをつなげて行く作業をしていく構成になっています。 その一方で、この生理のクラスは、生理と言うものをもっと詳しく学び、 一ヶ月の流れとどう付き合って行くかと言う事をお話しして行きます。 例えば、生理は移るのか?っていう都市伝説についてお話をしました。 生理は移るんです。 『生理をうつして〜』って、よくお尻同士をなすりつけたりしていましたが、 お尻同士で移るわけではないんです。 生理になったお友達の、脇汗、もしくはおしっこを鼻の下に塗ると、生理が早く来ます。 そう、フェロモンを通じて、私たちは移るんです。 でも、移らない時もあります。 例えば、嫌いな女性上司が生理中とか、あまり感覚の合わないグループにいる時とか。 なぜかと言うと、生理中って女性にとっては、 下から血が出て来ると言う身に危険が起こった時に逃げにくい状況だから。 血液を流しながら逃げるのは、とても身の危険が近くなります。 だから、私たちはその人の匂いを嗅いだ時に、 自分にとって安心出来るヒトか、安心出来ないヒトかと瞬時に嗅ぎ分けます。 安心出来るヒトだと同調するので、生理になっても大丈夫と感じるのです。 安心出来ない場合は、脳が生理をストップします。 今はあかん!みたいな。 今度、周りみんなが生理になって自分が生理が移らなかったら、 何に対して自分が安心を感じていないのかを振り返ってみるといいかもしれません。 と言う事で、私がクラスを開く時には、いつも『安心』を大切に

目の前に見える症状の裏側に

目の前に見える症状の裏側に、本当はカラダが伝えようとしている事ってあるな〜と思った セッションでした。 この日は一人、ヨーロッパからお客様が来ました。 事故を起こしてから、体調不良に悩まされているらしいのです。 『私、事故を起こしてからおかしいの。 脳の左右も統合されていないし 私もアッセンブリッジポイント(胸にある人とつながる穴)もズレている気がする。 甲状腺だって、変なのよ。 調べていたら、Integrated healing (IH)でそれらを治す事が出来るのね。 医者に行っても取り合ってくれないの。 だから、あなたのセッションに行くわ。』 そう言ってお越し下さったクライアントさん。 IHでは、まずカラダに今日は何についてワークをするのか?という事を聞きます。 彼女としては、脳の統合や、アッセンブリッジポイントや、甲状腺などをワークして欲しいと言う。 ずっとずっと、どれだけ辛いのかをお話しするけど、何もカラダが反応をしない。 こういう時、本当にちょっと戸惑いながらも 『ごめん、カラダがそれについてやるって言う事を言わないのよ』 と伝えるのは心苦しいです。きっとそれで悩んできてくれたのだと思うから。 『でも、もしもそれらが全て良くなったら、どういう風になりたい??』 すると、彼女が『あのね、私、赤ちゃんが欲しいのよ』 そこでカラダが反応。 こういう時、いつも思うんです。 私たちは、欲しいと思っている目の前の事ではなく、 もっともっと大きな所をカラダはいつも見ているんだと。 彼女の目標が『私はエクスタシーを感じるbirth の為にカラダを準備します』 と決まりました。 『エク

ある一人の少女の話3

前回の続き(前回はこちら) 『いず美さん、私、大きな笑顔でこれから生きて行きます』 そう言って、目を腫らせながら、日本に帰国した彼女。(ここから、仮にAちゃんとします。) そして、少しずつ生理を通じてカラダの事をケアし始めたAちゃん。 そんな彼女に、7月に日本で開催した生理のクラス(click)に来てお話をしてもらいました。 『私、歩くまでヒトって記憶が無いんですけど、私は全ての記憶を覚えています。 どう自分が動いたらベストの状態が出るかっていつも頭で考えていました。 でも、あのセッションがあってから、色々と自分でも学んで シャワーを浴びたりお風呂に入っている時に、カラダの一つ一つに声をかけ始めたんです。 子宮や足にありがとう、、って。いつもありがとうって。 頭を触った時は、本当に涙が止まらなかったです。 一杯考えさせちゃったなって』 そんな風に語るAちゃんを、私はとても美しいなと思って眺めていました。 私の生理のクラスでは、勿論生理の仕組みを学ぶと同時に、 それがどれだけ自分の思考癖と関わっているのかをお話しします。 今回の生理のクラスは、子宮の中の仕組みから、ホルモンの波から、PMSの仕組みについてお話をしました。 世の中でPMSがどういう風に思われているのか、本当に関わっているホルモンは何か? PMSは実は何を私たちに伝えようとしているのか? そんな事をお話をして、ペアワークをお願いしました。 私たち女性は、話す中で自分の中で答えを見つけて行きます。 そのAちゃんが、一人の女性とペアを組みました。 組んだ相手の女性(Bちゃんと呼びます)は、 私の方に事前に『PMSで悩んで

ある一人の少女の話 2

前回の続き(前回はこちら) インナーチャイルド。 それを癒して欲しいとカラダが反応した時に少し私は動揺しました。 『彼女自身、ご両親健在だしな。。。』 そう感じながらも、彼女に『インナーチャイルドのワークが出て来たのですが』 そう御伝えすると、彼女の中で『あぁ』と何か感じたようでした。 『妹が2歳の時に生まれました。 本当はお母さんに甘えたかったんです。お母さんを取られて淋しかったのかな。』 そう淡々と話す彼女。 でも、その奥にもう一つの枠がある感じでした。 きっと聡明な彼女だったら、見つけるだろう。 そう信じて待っていた次の瞬間に彼女の中で何かの憑き物が落ちた様に、 『実は、パパが、、、パパが、ママを取られて、すごく淋しそうだったから。』 そう女の子が原因を一生懸命に話すかの様にお話をし始めました。 『パパ、私にママを取られて、妹が出来てもっとママがパパを相手に出来なくなって、 凄く淋しそうで。すごくイライラして。 パパの顔色をいつも伺っていたの。 パパがいつ機嫌が悪くなるか分からなかったから、怖かったの。 いつも先回りして、パパの機嫌が悪くならない様に、私はいつも行動していた。 ママに怒鳴るのを止めて欲しい。ママに怒るのを止めて欲しい。 ママにパパが怒った時、ママ凄く、悲しそうな顔をしていたから。』 『そっか、では、○○ちゃんは、自分のパパがママに怒ったり機嫌が悪くなったりするのをどうにかしなくちゃって、自分のしたい事を脇に置いて、 ずっと顔色を伺って生きて来たんだね。 それが、今の大人になっても出てくるんだね。』 2歳にして、先回りをして全てがスムーズに行く様に取りはから

ある一人の少女の話

日本からロスにご友人の結婚式に参加するという事でその日程に合わせて 『IHをして下さい』と来て下さった方がいました。 大きな会社で音楽関係の仕事をして世界中をまわっている彼女。 それと同時に旦那さんのお仕事の裏方も行い、 話しているだけで私の言わんという事を瞬時に汲取、要点をまとめて、 相手を考えながら発言が出来る人。 頭が切れるというのは5分話していれば、感じる程の力を持っている女性。 私の話すアルファな女性についても、ふむふむと聞きながら、 『ああああ〜まさしくそれです。』と感情の表現もしながらも、 『つまり、いずみさんがしている事は、、、、』 とまとめるロジカルな能力を発揮する。 また、『いずみさんのブログでタンポンもやめました。でも、なかなか生理を楽しむまでにはならないけど。。。』 そう言いながら、私のしている事に共感も出来る力。 ぬかりがない、というのは彼女の様な人の事を言うのかもしれない。 旦那さんと一緒に来ていましたが、アルファな女性の特徴を言う度に、 ぎくりとした彼女の表情と、『お前の事だ』と言わんばかりの旦那さんの表情。 今までを振り返ってみると、 アルファな女性ですといって私の所に来た女性の生徒さんやクライアントさんは、 ほとんどこんな風に出来る女性、細かい事に気付く女性、抜かりがなく頼れる女性で 一つ言えば10の応答をきちんと返してくれるとにかく出来る女性が多いです。 おそらくこのブログを読んでいる方もきっと、そうだと思います。 いわゆる、打てば響く女性です。 でも、それがほとんどの場合、行き過ぎている部分もあることだと思います。 甘えるより頼られる事の方

離婚は逃げ?

私の友達から連絡が来て 『本当に旦那の事は嫌なんだけど、それでも離婚って逃げの様な気がして。。。。』 彼女のメイルを見た後に、ふと私がセラピーに通っていた時の事を思い出しました。 4年前に彼女の所に通っていた時、私は会員制のグループセラピーに毎週木曜日に通っていました。 私のセラピストはセックスセラピストで80歳過ぎのばあさんでした。超怖い。 What can I do for you? から始まって、 グループ内の相談者の女性があーだこーだと男性関係にまつわる不平不満、文句や愚痴が出ると I have a news for you! と、言ってさえぎり、一刀両断でズバズバと言って来るばあさん。 このI have a news for you! ッて言った時に背筋がぞっとするなんか、 何言われるんだろう。。。て 身構えちゃう。 そして、毎回目からウロコの発言が沢山飛び出して来ました。 その中の女性が 『旦那さんと別れたいの。彼はいつも私に内緒でこそこそ何かをしている気がするわ。 浮気もしているだろうし、ドラッグもしているはず。 問いただすのだけど、一向に口を開かないわ。でも、女の勘で分かるの。 言えって言っても言わないし、今の時間まで、何していたの?ッと聞いても言わない。 とにかく、彼の事が信用出来ないのよ。別れようかしらと悩んでいるの。 でも、それって逃げているのかしら?』 周りの空気が一斉に、そんな目に遭ってかわいそうに〜という 女性特有の連帯感が出て来たときに、セラピストが言いました。 I have a news for you! ” 女性として、唯一出来る事は、「去る

金持ちになってから、言え

最近、昔のピラティスのボスから50歳になったと連絡がありました。 私が彼女に初めて出逢ったのは彼女が38歳の時で、 彼女の40歳の誕生日の事をスタジオでスタッフとして聞いていたので、 時の流れの速さを身にしみています。 彼女から連絡があった事で、その当時の自分の状況を思いだしました。 その当時、ビバリーヒルズという有名な土地のスタジオで働いていました。 クライアントさんの全ての常識が、 一般ピーポーの私には斬新で毎日ビックリしていました。 特に金銭感覚に対する常識は、私の想像を越えていました。 こんな風に世界の富は動いているんだと、心臓がばくばくしながら聞いていた気がします。 アルファな女性の私には、その世界が刺激的でした。 でも、あまりにもアルファ過ぎて、その当時に付き合っていた男性は女性化していました。 彼はいつも、理路整然と不平不満を言っていました。 (恋人は自分の鏡と言いますから、私もそうだったんだと思います。認めたくないけど) 彼の不満はいつも、ロジカルで正しい様に思えていました。 私が、 『クライアントさんが今日パパラッチに追われながらも、凄い車で来たの。 車が変わっているから、どうしたの?って聞いたら、パパラッチにばれない様に新しいのを昨日買ったけど、すぐにばれたって!すぐに車を買い替えられるって凄いよね。』 ッて話したときには、 『車なんて言うのは走り始めた瞬間に、価値が下がるのだから、そんなものにお金をかけるのは 愚かだ』 とか 私がクライアントさんのLexusに乗ってすごく気持ちよかったので、私自身も買う事を決めたとき、 『ガソリン代がかかって仕方が無いのだ

親に愛されなければ、死ぬしかない

久しぶりにお友達と集って夜中の1時過ぎまでワイワイと ワインを飲んで、バーベキューをして遊びました。 その時に、旦那さんと上手く行かないと言うお友達がいました。 『分かってくれないのよ。何も理解をしてくれない。 私が子供の面倒を見ていて大変なのを全然分かってくれないんだよ。 こんなに分かってもらえないんだったら、もういいかなって諦めて 結構、冷めてくッて言うか、どうでもいいって思って来て』 彼女が旦那さんとどう付き合ったかは見ていました。 どれだけ二人が愛し合っているかも見ていました。 分かってもらえない。 私がキネシオロジーを習って良かったと思う1つは、相手に寄り添う事が出来る様になった事です。 こんな風な愚痴が出て来たときに 昔は、『大変だね〜』とか『信じられない、その旦那!』とか『こうした方がいいよ』 悪口でしか相手との会話が続かないパターン。 誰かを悪者にして、誰かを犠牲者にしてお話をするパターン。 もしくは、アドバイスをするパターン。 そんなパターンでした。 私は他の女の子達と彼女の痛みをずっと聞きながら、繰り返しでてくる彼女の言葉に ココロを馳せていました。 『本当は理解して欲しいんだよね。きっと、分かって欲しいんだよね。違うかな。』 彼女の本当に欲しいものを聞いてみると 『そう、理解して欲しいんだよ。』 『そうか、理解してもらっていたら、きっと他の事なんてそんなに気にならないんじゃないかな。でも、何を理解して欲しいんだろう。』 そう聞くと 『うん。私がどれだけ頑張っているかを理解して欲しいんだ。 朝も仕事に行く前に子供の面倒を見て、夕飯の支度をして、 いつも家族の

赤ちゃんを抱く

今週はとても嬉しいクライアントさんが戻って来ました。 彼女と会うのは実に3年ぶり。 『元気だった?』と再会のハグの後に、この2年で私が婚約して結婚した事、 彼女自身が子供が生まれて大変な2年だった事を話しました。 『さあ、今日は何をしましょうか?』と。 『実は二人目が欲しいの。だから、またマヤ文明マッサージをしてくれるかしら? そして、あの筋肉で見て行くやつをやって欲しいのよ。』 『IHの事ね?』 『そうそう。』 『だって、セッションの翌月に私、自然に赤ちゃんを身ごもれたのよ! 絶対に私は、あなたのセッションのおかげだと思っているわ。 あんなに苦しんできて、全てやめて、あなたのだけに賭けたのだもの。』 『そう。では、今回も妊娠をするッて言う内容でいいかしら?』 『いいえ、私、妊娠をするのは、出来るのよ。流産を二回しているから。 でも、子供が生まれるッて言う所までの内容でやって欲しいの。』 ふと、3年前にした彼女とのセッションを思いだしました。 彼女が私の所にきたとき、彼女は沢山の妊娠方法をして疲れていました。 何か自分が悪い事をしたのではないか、 流産を防げたのに自分のせいで、、、 どうしたら流産を防げるのか、、、 説明がつかない事って、本当にココロが疲れます。 そして、最終的には自分を責めてしまうパターンに陥ります。 3年前、彼女は私に同じ事を言いました。 『今度は子供を生むの。生みたいの。』 必死に泣きをこらえる彼女の目は、どれだけココロを傷めて来たか。 どれだけ、自分を奮い立たせて来たかを見せてくれる感じでした。 そっか、分かった。 そう言って彼女と一緒に踏み切った3年前

動物の代理セッション

皆さん、動物を飼っていますか? 私の家の犬はレスキュードッグと言って、捨て犬で保護された犬です。 旦那さんの一目惚れでべた惚れのうちの犬。 その約一年後に彼の生活に入って来た私に対して、吠える、どつく、無視するのオンパレード。 今ではとっても仲良しになりましたが、それでも見知らぬヒトには噛み付く習性があります。 前の飼い主に暴力を振るわれていたとか、 過去のトラウマがヒトになつかないという癖になっていると言われるけど、 はて、どうしたものか。。。 そんな中、 『動物にIHのセッションをしたいのですが、その方法を教えて頂けますか?』 とお問い合わせをいただきました。 今年も ロサンゼルスで10月から始まるインテグレイティッドヒーリング(IH)の講習会。 (IHについてはこちら) 毎年、10日間のクラスをロスで開催してきましたが、 初日と最終日を比べると、生徒さんのカオも、雰囲気も、放つエネルギーもトコトン変わるので、 本当にこのIHって凄いんだなと毎年感じます。 さて、今年はサンディエゴのIHのお申し込みを頂いた方々の中で 『動物にIHのセッションをしたいのですが、その方法を教えて頂けますか?』 とお問い合わせをいただいたのです。 今まで以上の数のお問い合わせでしたので、早速マチルダに聞いてみる事に。 『動物にセッションて事は代理セッションになるよね? そのデモ、クラス中にやって欲しいんだけど』 するとマチルダから、 『はーい、いいよー』 って即答。 代理セッションとは、 動物のかわりに飼い主の方のカラダを使って、 動物にヒーリングセッションをする事です。 こう説明を文字に書いて

ココロでは愛しているが、頭では嫌っている

犬の散歩で公園を歩いていたら、 こんな銅像ばかりが立ち並ぶ外の美術館みたいな所に遭遇しました。 芸術は爆発だ!みたいな。 さて、結婚して、あと2ヶ月で1年になります。 スイートな事もありますが、何でやねん、って喧嘩をする事もあります。 昨日、旦那さんがトイレのタオルが無いからって言って キッチンで使っているタオルをトイレに持って行きました。 『信じられない!』 と、ぶぅぶぅ文句を言いました。 あのねえ、台所で使う物をトイレに持って行かないでよ! アンドリューにしてみれば、タオルはタオル。洗えば一緒。 でも、 私的にはトイレで手を洗った後のタオルと 食器や食べ物用のタオルは別にしたい。 なぜ?と聞かれても、エネルギーが違うのよ!と。 スピリチュアルなコンセプトって難しいのよね、、、、なんてブツブツ日本語で言いながら。 それぞれの常識がぶつかります。そんなこと、しょっちゅう。 アンドリューは『開けたら締めろ』と言うし、私は『まだ使うんだから開けといて』とか。 そんなんばかり。 で、昨日は『どうしてこんなに僕たちは、喧嘩をするんだ』と嘆いた言葉を言うので 『あのねえ、全く違う環境の二人が一緒の家に暮しているのよ。 結婚して初めの3年は、お互いの常識を出し合って、二人のルールを作っていく時期でしょ? 私が5年後に、実はトイレのタオルを使うあなた、最低だと思っていたのよね、って言われたら どう?結構、重症なカップルになりそうじゃない? だから、今、お互いの常識をぶつけ合って、二人のルールを作って行こうじゃないの。 つまり、私たちがやっているのは、喧嘩ではなく、二人の織りなすアートよ。ビッ

足裏の秘密

毎回日本に帰国するたびに、足裏についての2時間のワークショップをさせてもらっています。 上記の写真の大仏の頭の様な物を使って足の裏を活性化させて行くクラスです。 本当はフットウェイカーズって名称ですが、大仏くんて私は呼んでいます。 さて、そんな講習会。 クラスの開始時は、とっても静かです。 誰も一言も話さず、マットを綺麗に並べて、お行儀よく座って待っていてくれます。 でも、ひとたび足のワークに入ると クラスのボルテージが一気に上がって、クラスの温度が上がります。 参加者の方々は、滴り落ちる汗(脂汗とも呼ぶ)と、 ひえーっていう言葉と、 私の指示に対する『ええええ〜』って言う不満声が クラス中に鳴り響きます。 先生や目上のヒトを尊敬する日本人の美徳はどこぞへ?と言う位の『ええええ〜』なので 聞いていて、笑っちゃいます。 あれだけ、お行儀が良かった方々が悲鳴を上げるのは、実は、私としてはガッツポーズです。 だって、 カラダの感覚を感じて、 喉を通じて そとに外に出てくるのを 私はとても健康的だと思うからです。 一杯我慢して言えないで来た人ほど、一杯声を出して欲しい。 これは、昔、ワークショップを教えた時に参加した生徒さんで夜に寝れない人がいました。 その方が、クラスの1ヶ月後に連絡を下さいました。 『あんなに人が沢山いる中で、沢山悲鳴をあげて、隣りの人と笑って、汗をかいてから 毎晩、ぐっすり眠れるんです。 だから、あの大仏くんに乗っています。やり方が正しいか分からないけど、 いず美先生のクラスの感覚の楽しかったッて言う感覚が蘇って来てうふふって笑っちゃうんです』 メモリーは細胞の中

人間は『群れる』動物

今回の日本帰国での一番初めのお仕事は 東京のスタジオにて子宮についてのイントロクラスをさせてもらう事でした。 木曜日の昼の13時。 日程的にも10名集れば御の字だな〜なんて思っていた所、 50名以上の参加者が集ってくださいました。 その後の足裏をワークするクラスも、50名のクラス。 毎回ありがたいことに、広いスタジオが人で一杯になると、いつも思います。 この人が集った時のエネルギーって、 ひとりでは絶対に出せない感動だったり、共感だったりを呼びます。 人間てすごいって思っちゃう。 やっぱり私たち人間は、”群れをなす動物”なんだと。 そう考えると自宅で一人でエクササイズをするよりも、ジムやグループクラスに行ってやる方が 俄然やる気が出てくるし、気持ちがいいのも分かる気がします。 今回の子宮のイントロクラスは、 『子宮ってそもそも、誰?』 みたいな事をお話ししました。 私が子宮について、知らなかった事をシェアし始めると 『えええ〜』っていう声とか、笑いとか、涙とか、色んな感情が2時間を通して見えます。 そうそう、女性は1分間に6個の表情が変わる生き物だから クラスの初めに真面目に座っている生徒さんがこんな風に色んな表情を見せてくれると ココロの中でガッツポーズ。 私がクラスでシェアしている事は、 子宮が1ヶ月で変化を毎日しているように、 女性の感情もドンドン変化して欲しい事。 アルファな女性は、ココロが固まっちゃうから、表情や感情が出てこない。 すると、ドンドン、本来の自分を忘れてしまう。 本来のホルモンの働きが滞ってしまう。 ホルモンのおかげで感情に波が打つのにね。 Feelin

癒しの空間が見つかりました

今回のサンディエゴでのインテグレイティッドヒーリング(IH)の講習会。 (☆インテグレイティッドヒーリング(IH)の講習会についてはこちら。) 毎年、自分の潜在意識とつながって、講師のマチルダの愛の元 多くの人が沢山のヒーリングを受け続けて、 気付き、学び、癒され、輝きを取戻して行く14日間。 シンプルで誰にでも出来るヒーリング方法ながら、 最も深い潜在意識にリーチするヒーリング。 未だに、このIHは凄いと様々なセッションをさせてもらって思う毎日です。 こちらは、IHの体験談です。クリックどうぞ。 体験談1 体験談2 体験談3 さて、ロサンゼルスは広いスタジオを毎年借りています。 こちらもとても雰囲気がスタジオです。 そんな中、今年はサンディエゴの場所を見つける為に奔走。 ひゃっほーい。 凄い素敵な空間を見つけちゃった。 と言っても、今回アシストをしてくれるみよこちゃんが見つけてくれたのです。 (みよこちゃんが今回の宿をご紹介するウェブサイトはこちら) 日本にいる時に連絡があったので、 『まずは私が行くまで話を待ってくれ!!!!』とお願いをしていた空間。 もう、本当にここは素敵! 話を聞いてから、ここで、合宿の様な形でIHの講習会をしたいと思っていました。 それでも、やっぱりオーナーの雰囲気や、 家のエネルギー的な感覚は行ってみないと分からないからと、思っていたの。 サンディエゴまで15日間のコース(14日講習会+1日途中お休み)にせっかく来てくれるのだから、 どうしてもどうしても、どーーーしても、素敵な空間で参加者皆さんに じっくり、のんびり、快適にヒーリングの時間を過ごして

血の色に異変

今回、日本滞在中に排卵日が過ぎた辺りから むくみ始めた、私のカラダ。 カオに続いて身体全体もむくむなんて、 昨日のブログで書きましたが、 恐るべし味の素の化学調味料=アミノ酸=味の素=MSG=グルタミン酸。 そして、来るべき日に生理がこにゃい。 こんな風に遅れる事があるのは私にとっては想像妊娠以来ないので なんだかおかしいな〜と。 生理日に近くなるに連れて、カオの腫れもドンドンと増して行き 実家に戻った数日は少し落ち着いたものの、 また飛行機に乗るとほてり始めて、カラダが一気にかったるくなりました。 そんな中で来た生理。 毎回生理のチェックをする私。 今回の生理は久しぶりにビックリする内容でした。 よくCMで『ドロッと経血の日にも安心』とか言っているけど、 そのドロッとしたものってどうやったら出るんだろう?と思っていたら そのドロッとしたものに出逢いました。 上の絵(画像はこちらから借りました)の様な塊ではなく、どろっとしたもの。 変にギラギラしていて、全然布ナプキンに吸収されて行かない。 ドロドロしています。 布ナプキンの上に水たまりの様に溜まっている感じです。 そして、ビックリする程に、においが臭いです。 なんだこれ???ッて言う。 今まではにおいが気にならなかったけど、 今回は魚が腐った様な感じがしました。 それも、光り物の魚が腐った様なイメージ。 実は今回、その布ナプキンは、どうしても洗う気になれなくて捨ててしまいました。 新品のナプキンだったのにぃ。 でも、もう一度その経血を触るのを考えた時にゲロっとしたからです。 かったるくて、覇気も出ないです。 そして、ドンドンと

カラダが壊れたかと思った

最後のブログから一ヶ月も経ってしまいました。 日本に帰国してから、すぐに朝起きるとカオがむくむ。 おかしいなーおかしいなー そう思って、キネシオロジーをしてみると、毎日使っていたみそ汁のお味噌に反応を示します。 味噌?あんな健康的な物になぜ反応をするんだろう? そう思って、材料を見てみると、本来は大豆と麹と塩でいいはずなのに、 沢山なんやかんやと書いてある。 ぞっとするわ。 タンパク加水分解質というものとアミノ酸に反応。 マルコメ味噌を使っている母親に不安を感じながらも タンパク加水分解質ッて言うのを調べてみて、(内容はこちら) きょわーいと と言う事で、マルコメ味噌を摂取するのをやめました。 はい、一件落着。 そう思っていました。 そして、日本でカオが徐々に赤味を増し、むくれ、 カリフォルニアに戻って来た時にはベッドから出れなくなりました。 カラダがおかしい。 何かがおかしい。 なんだろう。。。 カラダがとにかく火照ります。これは夏の外の暑さではなく、カラダの中からの熱さ。 キネシオロジーをやる体力も無く、ずっとずっとずっと痛みと痒みと熱に悶えながら ベッドに寝ていました。 カオの赤味、むくみ、腫れ。。。。 目の周りがタダレているから、肝臓。 熱が出ていると言う事は、デトックスだから、カラダの中に毒素があると言う事。 でも、排便は出来ている。何かがおかしい感じがする。 頭がボーッとする。とにかく頭が熱い熱い。 何かに支配されている感じがする。 そう言って1週間経ってようやく起き上がれた時に、 キネシオロジーでチェックしてみました。 すると、emotion に反応。 そこから、

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook - Black Circle

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”