耳が突然聞こえない 2

続き 彼女のカラダが選んだ修正は 『インナーチャイルド』でした。 自信が無く批判されて来た子供。 失敗を恐れつつ生きてきたと。 Aちゃんは 愛されていないと認識するのがイヤだったし 無関心になられるのがイヤだった と言います。 そんなAちゃんの聞きたかった言葉は 『急いで大人にさせてしまってごめんね』 でした。 もしかしたら、親の言う事を聞いて言われた通り、望む通りに先回りして考えてやってきたのかもしれないなーなんて。 画面の向こうで彼女がツーツー涙がさっきからこぼれています。 インナーチャイルドの修正の中で 自分を傷つけた人を赦す場面があります。 親を赦した後、まだ赦しきれていないと出ます。 誰だろう、、、、何の事だろう。。。。。 すると 『実は高校生の時に裏切られたと言うか。。。 妊娠したんです。色んな状況を考えておろす事になったんですけど。親の同意が必要だったので、母親に言ったんです。 そしたらそこでぶっ倒れちゃって。その時に、自分がしっかりしなくちゃ、これ以上迷惑をかけてはいけないと思いました』 小さい頃から ずっと一人で迷惑をかけない様に自分が背負って生きて来た彼女。 人生の中で、一度だって迷惑をかけたって良いじゃないか。 高校生で病院で、一人で処理をしたんだろう。 本当は親に支えて欲しかっただろう。 こんな自分のカラダを傷つける時に、 頼れないなんてどれだけ淋しかった事だろう。 もちろん、自分がやらなきゃ進まないと思っても仕方がない。 そんな風に思わせてしまうなんて。 そんな事を想像したら、泣けて来て。 セッション中はあまりクライアントさんを支える為に 自分を中立に

耳が突然聞こえない

今月の頭に一通のメッセージが入りました。 ここ1ヶ月弱耳の調子が悪くて病院でも原因不明とのこと、聴力は回復してきたのですが激痛が度々襲ってきて集中が中々出来ない状態でいます。 彼女は私のクラスを過去に受けてくれた方なので とても気になりました。 土地が離れていることもあり、 遠隔で彼女のカラダに聞いてみていいかどうかを確認した所、 本人からオッケーが出たのでチェックしてみました。 その時に出た反応は 筋反射テストによると、感情面から出ているみたいで 『私は過去の家族にまつわる罪悪感を手放します』 という事に関わっているようでお伝えしました。 その後、今度は 『症状に少し変化あったかなと喜んでいたらまた酷くなったりを繰り返しています。。イズミ先生にもし時間があるときがあればIHを受けてみたいのですが可能でしょうか? 原因不明なのでしっかり向き合ってみたいと思っています』 との事でしたので、Skypeでのセッションをする事にしました。 私のセッションに来る方は、 『治したい』という気持ちと 『自分と向き合い、自分に責任を持つ』という方ばかりなので とても私の信じる所と合っています。 私自身が、色々な医者を駆け巡って治そうと翻弄してたとき 最終的に分かったのが 『自分の生き方に責任をもって、自分と向き合う事』 でした。 さあ、彼女Aちゃんのセッションが始まりました。 課題は『耳について』です。 2ヶ月近く全く聞こえないときもあり、 よくなってきても痛みがまして、カラダを休めても治らない。 耳の周りが特に痛く、締め付けられる感じがすると。 寒い所に行くと余計に痛い。 という状態でした。

差別の刻印

一人のバイタリティに溢れる女性のIHのセッションをしました。 私は彼女の事がとっても好きです。 正義感に溢れていると言うか、頼もしいと言うか。 そんな彼女が課題が『安心すること』でした。 安心したいのだと。 カラダから選ばれたセンテンスが 『音楽は私にリラックスにさせます』というもの 彼女は 『そう言えば、最近クラッシックをきくのですが、すごくリラックスするんです。今までは全然興味がなかったのに』 彼女のセッションはゴールにとても時間がかかりました。 安心に至る為のゴール。 何をしても大丈夫 と彼女が言うと必ずカラダが反応をします 『何をしても大丈夫。。。。』 どうしてこんなに出てくるんだろう?? と何度も反応をする筋肉を感じながらココロの中で驚いていました。 潜在意識の要求する修正は『魂の統合』 魂の統合とは、 なんらかのストレスによって 生き延びる為に魂がバラバラになっている状態を一つに統合をしようとする事です。 どんな状態なのか?と聞くと 『怯えて逃げ去った状態』とのこと。 それをお伝えすると 『え、、、家族の事かな。』 『うん。』 『自分の出生かな』 筋肉はそれで大きく反応をします。 『実は、これ、初めて人に言うのですが、 私の祖父の実家は部落からなんです。 自分の部落の素性が知られるのは怖かったので、 自分の地元には戻りたくないんです。 人に知られるのが怖いです。 大きな都市にいる事は、自分の出生から離れるのでホッとします』 イラっとしました。 なんでこんなにバイタリティに溢れた人が 誰か歴史上の差別をする人がつけた烙印で安心感を失わないとイケナイんだ?!と。 くっそ

女の子にキスされる

先週のセッションで美人な方Aさんがいらっしゃいました。 小学生の時になぜか突然食べても気持ち悪くて学校に行くと気持ち悪く、一時学校に行けなくなった時がありました。 何がきっかけで治ったのか分からないんですけど、その後高校生の時と大学生の時にもありました。 お医者さんには過敏性腸症候群かもと言われたんですけど。。。 と言う事でお題を聞いていくと 『お腹の調子』は今日のお題ではないと。 私の行っているインテグレイティッドヒーリング(IH)のセッションでは、まず初めに今日のお題を決めます。 何に対してヒーリングをするか?と言うお題です。 クライアントさんが治したい事があっても、 『それは今日のお題ではないよ。もっと他に見る所があるでしょ』となる事があります。 それが今回の件でした。 ご本人は食べても太れないし、、、と悩んでいる様子。 でも、カラダは違うとでる。 ここはグッとこらえてカラダの声を最優先。 でも本人はお腹の調子で来ているので他にストレスが思い浮かばない様子。 と言う事で、筋肉反射テストを使ってカラダに聞いてみました。 すると、『冬のスポーツ。雪の中を歩く』と言葉が選ばれました。 『なんじゃこれ?』 IHで行うキネシオロジーの凄い所は、 絶対的にカラダが全てを知っていると言う考えに基づいて セッションが進んでいくと言う事。 だから、私にとって意味をなしていなくても ご本人さんには『ああ~!』と思い当たる事があるわけです。 『冬のスポーツ』と言うと 『お友達や家族とスキーに行った事があります。中学一年まで毎年スキーに行っていました。』 お友達で反応。 『一緒に行ったお友達です

グラウンディング養成クラス

ヤムナのアメリカ本部から一人の男性を紹介された。 彼の足がイタイと言う。 だから、ヤムナフットフィットネスをしてみてくれとの事だった。 ヤムナのフットフィットネスは奥が深い。 毎週色々なクライアントさんを見ているが、 足の裏とつながらないとこんなにカラダに支障が起きるのかと 毎回クライアントさんを見る度に思う。 ただ、足の裏がつながった時、 カラダのつながりは目まぐるしく変化する。 今日来た62歳の男性は、2年前にスーツケースを動かしたら 腰を痛めてそれ以来足の裏が痛いと。フィジカルセラピストに2人位変えて通ったけど、全然痛みが減らない。 『僕は痛み無く、歩きたいんだよ』 それが彼のゴール。 それだけだと、あんまり良く分からない。 何がどうなっているのか。 ヤムナのウォーキングテストがあるが、 見てみると全く骨盤の安定性が悪かった。 これ、腹部になんかありそうだなーって思って見ていたら 『実は、僕、腹部を縦に切ったんだ』 と手術のラインを見せてくれた。 あーなるほど。 それで骨盤が安定性を失ったんだ。 そして、関節に歪みが来たんだなと。 ウォーキングテストを20分位かけて行った。 そして、大仏君に彼の足をのせる。 フットウェイカーと呼ばれる、大仏の頭のイボイボに似ているから 大仏君と呼んでいる。 丁寧に彼の足の裏とカラダ全体のコネクションを見て行く。 どこがつながっていて、どこがつながっていないか。 つながらないと、膝を曲げた時に痛みが出始める。 『一定の場所がつながっていないからここにつながってみて』 と言うと 『アーーーハッツ!!!!』と大声で叫んだ。 『なるほど、分かった

ピラティスが変わった

ピラティスの事を全然ブログに書いていないケド、 私はピラティスをかなりの時間教えています。 今まではピラティスを教える事がなんだかつまらなかった。 多分ルーティンを学んだ後、 教える事が苦痛になったと言っても良いかもしれない。 お尻のタレをどうにかしたい、 腕の振り袖をどうにかしたい、 シックスパックが欲しいの、 クッキーを食べ過ぎたからどうにかしてちょうだい。 毎日毎日そんな事を聞いていたら 知るか! ってどこかで毒づいている自分がいた。 場所柄もあるのかもしれなかった。 ハリウッドに近いスタジオで有名人が出入りする。 私の肩ぐらいまで脚が長いモデルの人や むっちゃ有名なロックのグループのマネージャーとか。 パパラッチが外に来ている事もあった。 駐車場は高級車ばかり。 結局、自分がそう言う所にいたかったんだと思う。 そう言う人に囲まれている事で、自分は何も持っていないくせに 特別な感じがしたんだと思う。 でも、あるマスターに出会ってから 私のピラティス人生はぐるりと変わった。 初めてのセッションの時 『正しい事をするのはやめなさい。カラダは頭で動かすのではないのよ。気持ちがいい所にカラダをもっていくの。フィーリングにつながりなさい』 何度も言われた。 『Stop doing right thing!!! 正しい事をするのを止めなさい』 分かっているけど、出来なくて、自分の気持ちがいいなんて 忘れちまった。 悔しくて泣けて来た。 カオが腫れていたから涙の塩分すら痛かった。 今でも 毎週金曜日は必ず1時間かけて彼女のレッスンを受けに行く。 終わった後、カラダの中に自分がいる感じが

セックス中毒

セクシャル中毒の人と話す機会がありました。 ポルノにハマっていて、本物の女性と話が出来ないという人の話。 アルコール中毒の人の集まりや サイバー中毒(Facebookが気になって仕方がない人)の集まりなど ロスには、色んな中毒から脱出する集会が色んな所であります。 セクシャル中毒には色々な症状があるのだと言っていました。 女の人をカメラで盗撮する人 女性がパンツを脱ぐまでが勝負だと思って、追いかけ回すが その後は興味を失ってポイ捨てする人 女の人を殴りたい衝動に駆られる人 ずっとネットでの仮装恋にハマって現実で女性を向き合えない人 売春のマッサージ屋さんに行くのにハマっている人 奥さんとHは出来ず自慰だけ出来る人 そして、女性でも、自分には絶対に合わないと分かっていても、この人しか愛してくれる人はいないと信じて元さやに戻ってしまう人 それぞれの経験を聞くと壮絶で 人って本当に自分の中の信念体系の中で生きているんだと。 そこで聞きました。 『色んな人を見て来たと思うけど、色々な症状はあれ、その人たちに共通している事ってなんだと思う?』 すると少し間を置いてから 『そうだな、、、、Loneliness、、、、 disconnection with others and don’t know how to get connected with others』 そうか、孤独感か。 人とつながれない、どうつながったら良いか分からない。 でも凄くつながりたいから、それが歪んだ形で外へ出てしまう。 どうココロからつながったら良いか分からない。 そう考えてみたら、 出て来た症状は違えど私も皮膚

太陽と月の関係

最近、私の周りで恋をする報告を頂きます。 『ようやくズーミーの言う事が分かったよー』って言われたり、 『ようやく先生の言っている事が実感として伝わります』って言われたり。 確かに、私もアンドリューと出会う前は 鼻くそほじりながら友達の恋話を聞いていたので、 恋をしてからようやく分かる事ってあります。 Feeling Good だと本当にDoing Good になりますね〜! なんて言っている。 恋する女の子は本当に可愛い。泣けてくる位、美しいと思う。 それを見ていると、男性は太陽だな〜って思う。 東洋医学の陰陽で男性と女性について、 男性は陽、女性は陰。 男性は太陽、女性は月。 と言われる。 これは私のタントラを学んでいる先生に言われたのだけど 女性は月なんです。 だから、太陽に照らされて月は暗闇で光る事が出来るんですよ、と。 太陽に照らしてもらうんだ〜月は。 男性に輝かせてもらうんだ、女性は。 それだけの与える熱が男性にあって、 それだけ、女性は受け取る事で光っていくのだと。 でも、女性が月なのに太陽(男性性)になろうとしているパターンが多いんだな、、、と。 受け取る事。 最近の中でも私の大好きな大切なお友達が恋を始めました。 彼女から 『離婚をする事になったの。そして、今、大好きな人がいるの』 という報告を受けた時に、 私は涙が溢れ出て止まりませんでした。 『うぐぐぐぐぐ、、、、よかったねぇええええ。 本当にあたしゃ、嬉しいよぅ。。。。よかったよぅ。。。』 ずっと彼女が前の旦那さんとうまくハマっていない事は知っていました。離婚しようか、それとも頑張って続けてみようか。 ここ

肺に起きた奇妙な症状

今日は、栄養のキネシオロジーを頼まれました。 肺の状態がおかしいのだが、どのDr.も分からなくて困っている。 食べる事も出来ず、1ブロック(20mほど)を歩くだけで息が絶えてしまう。 自分がドンドン衰弱していくのが分かる。。。と。 CTスキャンもMRIも何も出てこない、、、と。 でも、カラダがおかしいのだ。肺がおかしいのだと。 栄養キネシオロジーでは自分のカラダが必要としているものを探してそれに対応をしたサプリを探します。 カラダのバイオケミストリーを直していく方法です。 彼女のカラダはカルシウムを選びました。 どれをみてもカルシウムが欲しいと言う。 そして、そのサプリメントをお渡ししました。 ついでにIHをやって欲しい。ココロの面からも見て欲しいと。 彼女の持って来たお題は全部カラダはノーを言います。 そして、カードから一つの言葉が選ばれました。 『勇気を持つ』 彼女が言いました。 『私は、自分が失敗するのが怖いの。』 『私は、自分が普通の人間だって思うのが怖いの』 『私は、誰も自分の事を愛してもらえないのが怖いの』 普通の人間で、何がイケナイのだろうか。 特別な才能を持って、何がイケナイのだろうか。 どっちでも良いのではないだろうか。 失敗するのの何がイケナイのだろうか。 成功するのの何がイケナイのだろうか。 どっちでも良いのではないのだろうか? 本当にその二つが自分が愛される価値があるかどうかに 関わってくるのだろうか。 彼女の思考回路は驚く程、私も分かる。 でも、彼女の潜在意識が言うのは その恐怖の裏でビビって、 自分の人生を謳歌しないで生きていくのか? 本当にそんな人

生理の流れに乗る

ここ一週間はブログを休んでいました。 生理前+生理中の一週間だったからです。 週末は仕事が朝から晩まで入っていますが それでも自分の生理周期に合わせて自分のスケジュールを 作っています。 そして、生理前は自分の感情が溢れ出ます。 この一ヶ月はどうだったかと振り返る時期です。 この時に悲しみが出てくるのであれば、それは見直した方 が良い事です。それを見過ごしてまた次のサイクルの時に 同じ事を繰り返すと、カラダがドンドンと溜め込んでいき ます。そして、最終的に何に対して不満だったのか分から なくなってしまいます。自分が何が辛いのか、何が悲しい のか、何が不満なのか。。。。するとドンドン頑張れば良 いんだと言うdoing で切り抜けようとします。 でも、それは女性性のfeeling から離れていってしまう結果になります。 自分がずっとdoing で切り抜けることがポジティヴだと 思い込んでいたので、マヤ文明を始める前はどんなに頑 張っても辛くなるばかりでした。 人に発信する時間ではなく、自分と向き合う時間が生理前。 この時期はマヤ文明では『神聖なる時』と呼ばれています。 テントの中で一日瞑想をしたり、自分の感情を老婆に伝えて吐き出したり。 という事で、この1週間、自分と向き合っていました。 甘えたいという衝動がたまらなく出て来ました。 旦那さんが先週から1週間メキシコに行ってしまって、 淋しかったのですが、その後彼はカラダを壊して寝込んでいました。 そして、一昨日ようやく復活したのですが、その間 淋しくて仕方がなかったんです。 生理が始まって3日経った今、もう生理が終わる頃なので こ

被害者意識の登場 2

つづき さて、前回の続きの目標設定です。 立ち上げた企画から突然去る事になった彼女。 悶々としていた日々の中で、被害者意識を使ってさらに悶々と日々を過ごします。 『目標はなんだろうね。』 えっと、、、えっと、、、、 スキャンリストから言葉を引きます。 『私は自分のカラダに良い物と悪い物の区別が出来ます』 良い事と悪い事の区別。 何だろう。。。 更に引きます 『自分のとって必要な物と不必要な物の区別が出来ていないで混乱する』 両方とも全く違う文献からでしたが同じ様な内容です。 Aさんが言います。 『私は、肌感で感じるんです。この企画はうまく行くとか、 この人を起用した方が良いとか。説明は出来ないけど、勘が利くんです』 Aさんにとって必要な物。 必要な物とは、感が冴えること。自分の中でゴーサインが出る事。 不必要な物とは、肌感が鈍る事。うまく行かなくなる事。 そんな風にして、見つけていくとAさんが 『手放す事が必要なのかな』とぽろりと言いました。 筋肉が反応をします。 そっか、感覚的には自分がエネルギー的に合わない上司と一緒になった事で自分の直観よりも、合わない上司に合わせる事に自分がエネルギーを使う事になってしまった。 だから、自分にとってエネルギーが常にまわっている状態になるには、自分のエネルギーが上手くまわらなくなった環境になった時にバシっと『手放す』覚悟や勇気が必要なんだ。 その感覚的に手放せたら、いつでも自分が直観で動けるのに 手放さずに、立ち上げた物だから最後まで面倒を見ないと!ってなると、被害者意識が登場して、エネルギーが混沌とし始めるんだ。 これは、とても深い。。。

被害者意識の登場 1

昨日はとても興味深いセッションでした。 そして、 とても深く『被害者意識』と『そうじゃない方意識』の境を 見させてもらった気がします。 彼女は大手の会社に務めるバリバリの仕事ができる女性。 お題は『仕事』でした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は、自分で立ち上げた企画がありました。 やりがいがあって。 外部のこの人を呼んで来たらいい感じのが出来る。 その人とこんな企画を持って来たら絶対に面白いって 上司に話して2回も役員会を通して決まったんです。 上司もやりたい様にやらさせてくれて 本当に全ての事を一生懸命立ち上げの為に頑張ってやりました。 ただ、途中から上司が変わって、なんかやりにくくなったんです。 めんどくさいなーって思う事も。 ご機嫌取りの為に『あ、その服、可愛いですね』とか思ってもいない事を言ったりとか。 イチイチその上司に報告して、なんかスムーズに行かなくなって。 そしたら、異動になったんです。 私が立ち上げた企画で、なんのこれといって大きなミスもしていないのに。 その一緒に立ち上げた人も廊下ですれ違うと変な感じだし、 前はもっと二人でご飯とかも行ったけど。。。 そして、私がいなくなった企画を、席が私の後ろなので みんなが楽しそうに私の企画を続けているのが聞こえるんです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー なるほど。。。。 自分が彼女の立場だったら、むっちゃイヤ。 ゲロが出ちゃう位、いや。 でも、これは彼女の潜在意識がお題として、あげているんだから きっと彼女の成長に関わっているんだろう。 私の『イヤよねー』なんていう井戸端会議的

もぐもぐまんの感想

先日のもぐもぐマンという題名でのSkypeセッションの方から ご感想を頂きました。 もぐもぐマンのブログはこちら なるほど、お母さんという立場になった時 自分のお子様や家族に対する思いから発祥した優しさが こんな風に誤作動を起こしちゃう事ってあるんですね。 いつでもIHは、その人本来の軌跡に戻してくれるのだなあ〜と 読んでいて深くうなずいてしまいました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー まず、遠隔でIHを受ける事は初めてで不思議だったけど、否定的な感情は全くありませんでした。 そして、ゴールまでの道のりでびっくりした事は、脳が全く統合されていなかったこと! 笑うしかない! それと、自己犠牲を美学としている節が多々あること。 お母さんという立場の人はよくあると思う。 子供のために、夫のために、環境作りは全部自分を抑制して、 踏ん張るのが当たり前で。 自己犠牲を払わないと非難されるんじゃないかという恐怖。 それで、私は「食」というキーワードが崩壊していたんだなぁ。 本当に最近毎日のご飯作りが苦痛で。 みんなの好きをつくるから、私はおいしくないし。 サラダも食べたいし、きんぴらも作りたい。 野菜の彩りが綺麗なものを少しずつ食べたい。 でも作っても家族はあんまり食べないし。 結局我慢してたら、味見するのさえも面倒で、皿洗いする度イライラし、朝ごはん食べてすぐに「今日のお昼は」なんて言われると「今作ってあげて食べたばかりでまた作る話?!」と。 もう、作ってあげて、の時点で人に奉仕している事がストレスなんだと。 作る事に喜びがない状態だったなぁと思いました。 そして、IH受け

おしっこをもらした件

ある女性がマヤ文明マッサージのセッションのご予約に来ました。 普段は時間調整にちょっとかかったりしますが トントン拍子に予約の時間が決まって日曜日の午後に来ました。 彼女のお題は『膀胱』 『私ね、実は、子供時代にバレエの教室に通っていたんだけど、 母親におしっこを我慢しなさいって言われたの。 そして、お教室でおしっこをもらしちゃったの。 それからか分からないけど、私ねお水を飲んでもすぐに トイレに行きたくなっちゃうのよ』 そして、ゴールは『お水をカラダが安全に保ちます』というもの。 私のマヤ文明マッサージのセッションを受けて頂く前に 結構長いインテイクフォームがあります。 自分のカラダの症状を細かく書いてもらうのですが、 その中で沢山の筋腫や繊維症や内膜症など子宮の症状が多々ありました。 IHセッションの凄い所は、 それでも彼女にとって一番ワークする必要がある所をピンポイントで示してくる所です。 さて、彼女のカラダにマッサージだと思って進めると カラダから待った〜!!!が、かかりました。 『感情の青あざを取り除きなさい』 というもの。 マスタークラス3で出て来る内容です。 感情のあおあざ。。。。 みんなの前でおしっこをもらしたことだろうか?と カラダに聞くと違うと出ます。 おしっこをもらしたことは、青あざとしては残っていない。 彼女に説明をして聞きます。 『なんだと思う?』 『母親かしら』 イエス。。。。 一瞬にして部屋のエネルギーが重くなった感じがしました。 カラダがそこからどんな青あざがあるかを調べます。 『侮辱される』という言葉にヒットしました。 『Yes, my mot

昔の彼女が忘れられない一人の男性

今日、 「付き合って8ヶ月になる彼女がいるんだけど、未だに前回の彼女の事が忘れられないんだ」 そう言ってIHのセッションをお願いしたいと 緊急に連絡があった男性。 『なにか物事をみるだろ、そうするとこれを前の彼女とシェアしたいと思うんだ』 よくよく話を聞いていくと、 その彼女はもうすでに新しい男性が彼氏としていて 彼に興味はないと言う。 『今の彼女とは、とてもうまく行っているんだ。 前の彼女とは別れて良かったと思っている。 ただ、何か美しい物をみると前の彼女をふと思い出すんだよ』 もしも、これを男友達が言っていたら『たわけもの!』と はりせんで頭を殴って目を覚ませとか言っていたかもしれない。 でも、IHのお題で上がると言う事はそこに潜在意識のブロックが あると言う事だ。 なんだろうか、、、、 『今起きている事は、彼女のゴーストが僕に呪っているとしか思えないんだ』 『今更だけど、昔のビデオとか写真とかを見ると彼女が僕をすごく愛していた事が分かるんだ。あの時には分からなかったけど』 全然、筋肉が反応をしない。。。。 『ふむ。。。。』 そして彼が言った。 『今の関係性を壊そうとしているのかな。。。。』 そこに筋肉が著しく敏感に反応。 私『そう。今の関係性をこわそうとしているに反応をするわ』 クライアントさん :。。。。。。 私『どうして関係性を壊したいのかな?』 クライアント:『深くつながる事が怖いから』 私:『深くつながったらどうなるの?』 クライアント:『失ってしまう』 私:『それって真実かしら?』 クライアント:『いや。。。。でも失うのが怖いんだ』 カラダは自己破壊プログラムを

『なぜ?』という言葉の凶器

みなさんは『なぜ?』という言葉を 会話の冒頭に使う事はありますか? このなぜという言葉には二つの捉え方があるかなーと思います。 『なぜ空は青いの?』 というパターンと 『なぜ、言った事をやってくれないの?』 前者のなぜ?は、『探究心』ですが、 後者のなぜ?は、『暗に責める』です。 前者のなぜは、向上心ですが 後者のなぜは、向下心です。(そんな言葉はないけど) この間のIHセッションでは、 『性格』というお題でセッションが始まりました。 私、いつも人と比較をしているかな〜。 凄くないと私はイケナイ。 自分が凄いって思われる様な事をしていないと、 こんなちっぽけな私を誰も相手にしてくれないって思うかも。 自分に満足をしていないんだよね。 まず先に批判が出て来るよ。 なんでこの人はこうかね?とか、 なんでこの人は仕事ができないんだろう?とか。 なんでお父さんはこうなんだろう?とか。 この間、実家に帰った時に色々なシャンプーのボトルがあったの。 うちのお父さんはいろんなシャンプーをチョコチョコ使うのが好きなのね。で、何年か前のシャンプーがまだ残っていて、化学物質だし、もう!!って思って、全部捨てるの。 お父さんの後をついていってね、 なんでこの家はこんなゴミ屋敷かね?ってずっと言ったの! 父は、うちの子がおかしくなったって言っていたけどさ〜 会社で言うとね、、、、 会社で、私は凄く長いメイルを書く部下がいるの。 私は、もっと短く書けば良いのにって言うけど変えれないの。 彼女が一通のメイルを書いている間に私は10個も仕事をして、 すごくアンフェアに感じる! だから、なんで早く用件だけ短い

食べ過ぎちゃう裏側

ある晩デスクで仕事をしていると 一通のメッセージが入りました。 いずみさーん、IHはオンラインセッションが可能ですか? と。 『最近ストレス?どうしても過食が止まりません〜 今日から花粉症も出てしまいました。。。』 『では、やろう!』とセッション開始です。 お題:過食 でIHのゲートを開いていきます。 IHのセッションをすると毎回思いますが、 本当の原因なんて誰にも分からない事。 唯一知っているとしたら、その人のカラダのみです。 だから、ある日から私はアドバイスをするのを止めました。 こうしたらいいよなんて、私のちっぽけな頭では分かる分けない。 その代わり、勇気づけはします。みんな、仲間だから、背中を押す事はできます。 IHは、その人のカラダに何が起こっているのか、そして どんな風に方向チェンジをしていくかを教えてくれるツールです。 さて、過食。 食べ過ぎちゃうんです。 カラダが食べ過ぎについての話はもう、要らないよと言います。 次に、さあ、どんな方向に進んでいくか?! ゴールはなんだろう?? 食べ過ぎない。 お腹が元気。 色々と言いますが、全然うんともすんとも反応が来ません。 そこで カラダに聞いていくと “ Be non judgmental” と出ました。 『なんですか、それ?』 『えっとね、 これが良いとか、これは悪いとか考えるのを止めるって 言う事かな〜』 と言うと Aちゃん:『あーしてます。いつもしています。添加物をとりすぎちゃイケナイとか、砂糖をとるのは控えた方が良いとか』 私:『どう、それ?食べてて楽しい?』 Aちゃん:『とってもつまらないです。』 私:『じゃ、

潜在意識ってなんでも知っているのね

『前回の安心感はどこじゃ?(ブログクリック)』の セッションをしたクライアントさんから感想が届きました。 セッション受けて本当に良かったです。 あの後、脱力〜!って感じで眠りに落ちて、起きた後は、凄くすっきりした気分でした。 あれからずっと幸せな感覚が続いています。 皮膚から、母親のことから、自己破壊プログラムまで次々出てきて…! びっくりだけど、 でも、全部繋がってたんだなぁ。 不思議だけど、当然なんですよね。 自分を大切にする。 自分の為に選択する。 難しいと思っちゃうけど。 潜在意識で、自己犠牲は切れてるから。 癖を変えるのも簡単なはず! 常に意識しながら生活していきたいと思います。 今日は、昨日話した○○のコースの卒業だったんです。最後にこれからの自分の目標を掲げる所があって…。 もちろん。 自分を大切にする!! セッションが昨日になったのも全部意味があったんだなぁ。と感じました。 この後にもう一通来ました。 私が彼女のセッションをブログにした後にきたメイルです。 ステキな文章にしてもらってありがとうございます。 読んでいて涙が止まりませんでした。 >>いい子になるという条件をもって、 愛をもらえると言うストーリーが出来てしまう(ブログより) 本当にその通りだったなぁ。と。 それでいて、 まだまだダメだから私は愛されないんだ。って もっといい子にならないといけないんだ。 て思い込んでいた気がします。 昨日メールを書くときに。もう寝る時間だったけど、メール書かなきゃ!と思ったときに。 「お礼のメールを書かないと先生に悪いから書くのか?(今までの私の思考)」 「今書くことが

物をたかる女

楽しい誕生日を迎えた私でした。 でも、一つだけ気になる事が有ります。 誕生日プレゼントをもらっていません。 去年は、最新の一番高いiPadをもらいました。 一昨年は、ハワイでネックレスをかってもらいました。 今年は? なにもにゃい。 自分の中に不満を感じながらも、 『いやいや、友達と素晴らしい時間を提供してくれたではないか!』 『夕ご飯を美味しい高いレストランに連れて行ってくれたではないか!』 『ディズニーランドに一緒にいけたではないか!』 と、自分の不満をなだめます。 『感情が出てくるのは自分の信念体系を見つめる最大のチャンス』 といつも思っていますが まだまだ『いい人』でいたい私は この不満に対して、向き合うのではなく、 打ち消す方に必死です。 そんな中、メキシコに行く前の晩に一緒に食べようと思っていた アイスクリームを一人で食べ始めたのを目撃。 『ねえ、ねえ、一緒に食べようと思って買って来たのに!』 と不満が出始めたのが最後。 『ちょっと、あのねえ、この時に言わせてもらいますけど、 わたくし、誕生日プレゼントもらっていませんけど』 夫『友達を素晴らしい時間を過ごしたじゃないか!』 私『私だって、あなたの誕生日の時にあなたの友達を呼んで、 サプライズの連続を用意したよね? しかもディナーも含めて!それに、最新のiPhoneも買ったよね』 夫『比べる事じゃないだろー』 私『いや、今回、あんたはお金を使っていないね。ディナーだって、あなたのお母さんが後から小切手送って来たし!ディズニーランドだって、ぶすっとしていたし!Where is my birthday present?』

スピリチュアルッて何?

スピリチュアルって、よく分かりませんでした。 私の中の印象としては、宗教的な物か、サイキック的な物で 目に見えない何かの力を信じる事。。。。って感じです。 天の声が聞こえるとか、天使の声が聞こえるとか。 残念な事に私にはその能力がありません。(まだ) 私はスピリチュアルじゃないのかなーって思っていました。 そんな中、マヤ文明のベリーズと言う南米へ行った時、 とてもスピリチュアルな環境だと思いました。 なにが、、、って言われると答えられなかったのですが とてもスピリチュアルな所に来たな〜って思っていました。 それは、マヤの精霊を信じるからか、 ジャングルの中に滞在していたからか、 魔女みたいな先生(本当はDr.だけど)に教わったからか、、、 そして、アーユルヴェーダを習って、 『魂が喜ぶ事を一日に一度しなさい』 とインド人のおっさん(上の写真の大学教授です)に何度も言われました。 『なんじゃそれ』 サンスクリット語で一杯呪文みたいなのを唱えました。 これを言うと宇宙の流れが分かるって言われて。 インチキくせえ臭いぷんぷんだな、と思っていました。 そんな中、キルタンのクラスがありました。 アーユルヴェーダヨガを習っていた時に、 先生がアコーディオンみたいな楽器を取り出して合唱が始まったのです。 みんなと一緒にとっても簡単な歌を先生の後に続いて歌っていると ゾクゾクしました。 おおおおおおお〜って言い表せない感覚が出て来ました。 感情ではなく、感覚。 そして、歌いながら泣いていました。 それをインド人のおっさん(大学教授)に伝えると 『それが魂が喜ぶ事だ。 私たちは夕焼けを見て、ハッ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook - Black Circle

Izoommybodylogic Presents 

alphanajosei@gmail.com    Bevely Hills, Santa Monica, San Diego   tel:818-298-7468 イラスト 櫻井乃梨子 from “Art of living magazine”